2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「生命(いのち)燃ゆ」高杉良

生命(いのち)燃ゆタイトル:生命(いのち)燃ゆ
著者  :高杉良
出版社 :集英社文庫
読書期間:2004/07/13 - 2004/07/16
お勧め度:★★★


+++++

1990年10月、文庫本刊行。「未練はあるが、悔いはない」という言葉を残し、45歳という若さで病に倒れた昭栄化学工業の柿崎仁にスポットを当てた企業小説。化学コンビナートの制御システム開発担当となった柿崎は、全世界でも例を見ないコンピュータによる完全制御システムを寝る間も惜しみ作り上げるがその代償大きく、病魔に襲われ視力を失う。体を蝕む病魔、それでも柿崎は仕事への意欲を失うことなく、限られた時間の中で中国大慶との技術交流、後進の指導に全力を尽くす。

+++++

この本で描いているのはちょうどあおちゃんが生まれた前後の時期ですが、このころのサラリーマンは自分自身の仕事に誇りとプライドを持っていたのだろうか、それともこの柿崎が特別な存在だったのか。いずれにしてもこの本を読んで痛烈に感じたこと、それは「今の仕事に誇りがあるか。」ということです。

今の世の中、自分の命を懸けてまで仕事に打ち込んでいる人はそうそういないと思います。少なくとも、自分を含め周りを見渡してもそのような人は見当たらないです。仕事が好きだ〜、と言う人はいます。でもそれは、仕事に打ち込んでその結果を早く見たい、とか、周りから評価されたい、とか、仕事をすることによって自分の存在価値を見出したいということからであって、本書の柿崎のように広い視野に立ったものではないと思うんだなぁ。

あおちゃんはドライに割り切って仕事をしているかな。しかし、このままでホントにいいのか、とも日々思ってます。こんな人いないよ〜って思う反面、これだけ仕事に打ち込めてとてもうらやましくも感じますね。うらやましいが一歩前に踏み出せるかは・・・、ですが。

柿崎が死ぬ間際の描写には特に力が入ってます。著者も相当感情移入したようで、なかなか読み応えあり。「小説・日本興業銀行」よりどちらかというとこちらの方が好みです。「小説・日本興業銀行」はノンフィクション、「生命燃え」はフィクション(ただし、モデルは存在するとの事)。


スポンサーサイト

  • 10:34
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback