2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「誘拐ラプソディー」荻原浩

誘拐ラプソディータイトル:誘拐ラプソディー
著者  :荻原浩
出版社 :双葉文庫
読書期間:2006/01/24 - 2006/01/27
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


伊達秀吉は、金ない家ない女いない、あるのは借金と前科だけのダメ人間。金持ちのガキ・伝助との出会いを「人生一発逆転のチャンス?」とばかりに張り切ったものの、誘拐に成功はなし。警察はおろか、ヤクザやチャイニーズマフィアにまで追われる羽目に。しかも伝助との間に友情まで芽生えてしまう−。はたして、史上最低の誘拐犯・秀吉に明日はあるのか?たっぷり笑えてしみじみ泣ける、最高にキュートな誘拐物語。
荻原本は本作で6冊目です。ようやく刊行作品の半数程度を読んだことになります。全て路線は同一で、笑いあり、涙あり、最後に人生のほろ苦さを感じさせる作品ですが、外れがなくってどれも面白いです。そしてこの作品も御多分に漏れず面白かった!

主人公は何をやってもうまくいかない38歳・伊達秀吉。あるのは前科と借金だけ。自殺を決意したもののどうしても踏み切れず、ひょんなことから出会った金持ちの小学生・篠宮伝助を誘拐する。一発逆転身代金誘拐を企てるが、伝助はヤクザの息子だった・・・。逆に命を狙われる立場となった秀吉。さらにはチャイニーズマフィアにも追われる羽目に。果たして秀吉は追っ手を振り切り、身代金をせしめる事が出来るのか・・・。

冒頭延々と続く秀吉の煮え切らない行動を乗り切ると、その後はスピーディな展開が待っています。ちょいダサなんだけど思わずクスっと笑ってしまうユーモアのセンスが素晴しい!! 伊達秀吉なんて名前からして・・・、ダサっ。思い付きから誘拐してしまう割には、刑務所の中で教わった誘拐のポイントを思い出して、意外と上手く立ち回る秀吉。そんな秀吉に右往左往させられてしまう伝助の父と組の構成員たち。本当に捕まえるつもりがあるのかってくらい頭の弱い構成員たちに失笑が漏れます。

捕まった伝助は、世間知らずのボンボン。巧妙な(?)嘘に騙され、秀吉を疑うことすらしません。伝助は無邪気を通り越して、ちょっとあほっぽいかも・・・。そんな純真無垢な心がどこかのタイミングで殺そうとしていた秀吉を改心させ、二人の間には友情が芽生えていきます。ラストシーンには感動・・・。

人生はそう捨てたものじゃない。そう思わせてくれるさわやかな読後感で、気持ちよく本を置くことが出来ました。

+++++

【みなさまのご意見】
たこの感想文さん
Grave of memoryさん
小春日和。さん
のほ本♪さん
IN MY BOOKさん
かみさまの贈りもの〜読書日記〜さん
*Happy Light*さん
評価チャンネルさん
Ciel Bleuさん
本を読む女。改訂版さん('06/06/06追加)
京の昼寝〜♪さん('06/08/10追加)
聞いてあげるよ君の話をさん('07/04/17追加)
本を読もうさん('07/05/18追加)


スポンサーサイト

  • 21:58
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

おはようございます。
TBありがとうございました。
ご紹介もありがとうございます。

荻原さんらしい作品でしたよね。読後感がとてもよかったです。
こんな作品を待っているのですが、最近の荻原さんは、いまいちかなぁ(苦笑)

  • ゆう
  • 2006/02/09 9:52 AM

■ゆうさん
こんばんは。コメントどうもです。
え〜、最近の荻原さんはいまいちなんですか!
といっても読んでしまうと思いますが・・・。

  • あおちゃん
  • 2006/02/10 11:48 PM

TBありがとうございます。
この次に読んだ『ハードバイルド・エッグ』が,イマイチで随分とご無沙汰してしまってます。
この次に読むとしたら,何がお勧めですかね?

  • シリウス
  • 2006/02/12 12:41 AM

■シリウスさん
シリウスさんのブログに書かれていた書評が2冊分だったので、それ以外を読んでいないとすると「母恋旅烏」「オロロ畑でつかまえて」あたりがオススメです。「なかよし小鳩組」もオススメなんだけど、「オロロ〜」の続編なので、「オロロ〜」→「なかよし〜」と読むのがいいかと思いますよ。

  • あおちゃん
  • 2006/02/13 11:51 AM

トラバありがとうございます♪
伊達秀吉ってほんとふざけた名前ですよね。
内容としてはいまいちなところもありましたが、
伝助のキャラに救われていたと思います。かわいい!

■chocoさん
こんにちは。
伝助、かわいかったですね。
年齢の割にちょっと幼い気もしますが、秀吉とのコンビが絶妙でした。
荻原さんはダメなおっさんと子供を書くのがうまいと思います。

  • あおちゃん
  • 2006/02/14 6:51 PM

お勧めありがとうござます。
早速,会社の人に借りてきました。
その前に『神様からひと言』を先にアップしますね。

  • シリウス
  • 2006/02/19 2:32 AM

■シリウスさん
早速借りてきたとは、行動が早いですね〜。
感想をアップされたら、またTBしてくださいね。

  • あおちゃん
  • 2006/02/21 10:36 AM

久しぶりにブログ、お邪魔しました。
『誘拐ラプソディー』読んだんですね。
ずいぶん前に読んだ作品なんですが、
インパクトのある話で印象に残っています。
誘拐犯と誘拐されたお子様とのカケアイが素晴らしいですよね。
新刊の『ママの狙撃銃』もなかなか面白いです。
良かったらどうぞ☆

  • tomekiti
  • 2006/04/30 1:58 PM

■tomekitiさん
おひさしぶりです。新刊を読まれたようですね。先日行った古本屋で売られていたのですが、家に本がどっさりだったのであきらめて帰ってきました・・・。少し消化してから読みたいと思ってます。

  • あおちゃん
  • 2006/05/04 8:49 PM

こんにちは いちいち無邪気な伝助がとても可愛い そんな伝助に惹かれてくとこがまた良い感じでした 

■きりりさん
こんばんは。伝助の無邪気さと秀吉にいいように振り回されるヤクザたいが笑えました。
荻原さんの本の面白さを十分に堪能できる一冊と思います。

  • あおちゃん
  • 2007/04/17 8:40 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

誘拐ラプソディー 荻原浩 ●

誘拐ラプソディー荻原 浩 双葉社 2001-10by G-Tools 38歳独身。工務店勤務。あるのは320万円の借金と前科だけ。そんな男がある日勢いで、前科を持つ自分を雇ってくれた恩人でもある社長を、角材で殴りつけ怪我をさせてしまいます。死を決意した時に、偶然知り合った無

  • IN MY BOOK by ゆうき
  • 2006/02/09 12:00 AM

(書評)誘拐ラプソディー

著者:荻原浩 伊達秀吉38歳。金なし、家なし、女なし。あるのは、借金と前科だけ。

  • たこの感想文
  • 2006/02/09 3:15 AM

誘拐ラプソディー 荻原浩

些細なことがキッカケで仕事場の親方を殴り、車を盗んで逃走した伊達秀吉。 自殺を図ろうにもその勇気は乏しく、ひょんな事から出会った男の子を誘拐。 身代金を要求したが、男の子の親は・・・・。という、よくあるパターンのドタバタコメディサスペンス。 含み笑い

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2006/02/09 9:49 AM

「誘拐ラプソディー」荻原浩

 [amazon] [bk1] サラ金の借金が膨れ上がって取立屋に追われるようになり、勤め先の親方を殴って金と車を持ち出した主人公。最早自分に残されているのは自...

  • Ciel Bleu
  • 2006/02/11 2:01 PM

荻原 浩の「誘拐ラプソディー」読了

誘拐ラプソディー 荻原 浩 著 「誘拐ラプソディー」 ★★★★ 伊達秀吉は,金ない家ない女いない,あるのは借金と前科だけのダメ人間。金持ちのガキ・伝助との出会いを「人生一発逆転のチャンス?」とばかりに張り切ったものの,誘拐に成功はなし。警察はおろか

  • Grave of memory
  • 2006/02/12 12:44 AM

「誘拐ラプソディー」 荻原浩

== 「誘拐ラプソディー」 荻原浩 == [[attached(1,center)]] {{{ あらすじ・・・(文庫裏から引用) 伊達秀吉は、金ない家ない女いない、あるのは借金と前科だけのダメ人間。 金持ちのガキ・伝助との出会いを「人生一発逆転のチャンス」とばかりに張り切ったもの

  • 小春日和。
  • 2006/02/14 12:57 PM

「誘拐ラプソディー」荻原浩

誘拐ラプソディー発売元: 双葉社価格: ¥ 760発売日: 2004/10売上ランキング: 21090おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/06/06 どうでもいいんですけど5日で5冊本を読んじゃいました。新記録。 その記録更新がこの1冊。一日ですっかり読めちゃいました

  • 本を読む女。改訂版
  • 2006/06/06 10:20 AM

「誘拐ラプソディー」/荻原 浩

   「誘拐ラプソディー」(荻原 浩著)【双葉文庫】      伊達政宗の“伊達、豊臣秀吉の“秀吉”。 その取ってつけた名前の主人公「伊達秀吉」は、金はない家はない女はいない、あるのは借金と前科だけのダメ人間。 金持ちのガキ・伝助と

  • 京の昼寝〜♪
  • 2006/08/10 8:48 AM

荻原浩「誘拐ラプソディー」

もうダメだと 桜の樹の下、自分の今までの人生を振り返り、死んじゃうしかないよな〜 と思う男 伊達秀吉 宣伝文句じゃないけれど、金はない、女はいない、あるのは借金と前科だけ ついでに社長殴って車奪って、途方にくれて桜の樹の下.....と言うわけ そんな時

  • 聞いてあげるよ君の話を
  • 2007/04/17 1:54 AM

誘拐ラプソディー

 犯罪小説なのに死人が一人も出ないのも面白く、登場人物の光と影がうまく描かれ人間の強さと脆さが交錯するところなどは読み応え充分である。続けて読んだ同じ作者の『ハードボイルド・エッグ』よりもこちらの評価が上なのは、読後も物語の続きがいろいろと想像できる

  • 本を読もう
  • 2007/05/15 8:49 AM