2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「今夜、すべてのバーで」中島らも

今夜、すべてのバーでタイトル:今夜、すべてのバーで
著者  :中島らも
出版社 :講談社文庫
読書期間:2006/01/21
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


薄紫の香腺液の結晶を、澄んだ水に落とす。甘酸っぱく、すがすがしい香りがひろがり、それを一口ふくむと、口の中で冷たい玉がはじけるような…。アルコールにとりつかれた男・小島容が往き来する、幻覚の世界と妙に覚めた日常そして周囲の個性的な人々を描いた傑作長篇小説。吉川英治文学新人賞受賞作。
著者の自伝的小説、と言っていいのでしょうか。主人公・小島容(いるる)と中島らもさんのイメージがぴったり重なってしまって・・・。

気がついていながら辞められない。アルコール中毒とはそのようなものだろうか。主人公・小島容は、何日も何日も酒以外のものを口にせず飲み続けた結果、肝硬変一歩手前となり、即入院を言い渡される。自分の体が病んでいく間、医学書などを読み解き、"いつまで飲めるか"を冷静に判断。もうどうしようもなくなっての通院→即入院であった。入院を言い渡されても、一歩外を歩けば自販機で酒を買ってしまう小島容。意志の弱さ。根本はそこにある。酒が好きで飲むわけでなく、酒に逃げている自分。院内での日常を経て、自分に大切なものとは何かを見つけ出す。

アル中患者の闘病についての詳細が書かれているわけでなく、アルコールとは何か、アル中とは何かを研究例や患者心理などを取り上げて、冷静に分析しています。分析といっても堅苦しくないので、すらすらと読めてしまいます。自宅で晩酌をするわけでもなく、それほどお酒が好きというわけではないですが、なるほどと思うところがありました。

「アルコールを目的ではなくて、手段として使い始めるのがアル中の第一歩」

人間の弱い部分、純粋な部分、汚い部分をストレートに表現した本作。意外にも読後感はさわやかでした。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 23:11
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

初めまして!
トラックバックしていただいてありがとうございます
私、ちゃんとしたレビュー書けてないので嬉し恥ずかしです
中島らもさんの本はこの本がきっかけに読むようになりました
奥が深いのに読みやすくわかりやすい、そして胸に残る本でした
たくさん本を読まれてますね^^
また覗かせていただきます

はじめまして。TBありがとうございました。
リズムがあってサクサク読めて、怖ーくて爽やかな作品でした。
あおちゃんさん、すごい読書家ですね!!
こちらのブログ、楽しく読ませていただきました。
また遊びにきたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

■susaminiさん
はじめまして。
僕はこの本と「ガダラの豚」しか読んでないので、
susaminiさんの方がらもさんの本を読んでいるかもしれないですね。
「ガダラの豚」は読みましたか?オススメです。
下手な文章ですが、みなさんが本を読むきっかけになればいいなぁと思って書いてますので、
まだ覗いてみてくださいね。

  • あおちゃん
  • 2006/02/05 10:53 PM

■freefloating73さん
はじめまして。
この本はあっという間に読みきりました。
内容が内容だけに重いかと思っていたのですが、意外とさわやかでしたね。
読書量、多いですかね。自分ではまだまだと思っていますが・・・。
気になった作家さんがいたら、感想を覗いてみてくださいね。

  • あおちゃん
  • 2006/02/05 11:04 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

中島らも 「今夜、すべてのバーで」

中島らも著 「今夜、すべてのバーで」を読む。  酒がすきなひとであれば、うなづくフレーズが満載. 酒を止めないと大変なことになるという話なのであるが、また飲みたい気持ちにさせられてしまう不思議な作品. [巷の評判]熱血脱力Blog味 幸せ20%増 産直2

  • ご本といえばblog
  • 2006/04/21 9:16 PM

『今夜、すべてのバーで』

中島らも 『今夜、すべてのバーで』(講談社文庫)、読了。 アルコール依存症の男の回想&入院記。 グロい描写満載かなぁと不安に思いつ...

  • 観・読・聴・験 備忘録
  • 2009/03/19 11:44 PM