2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「フライ,ダディ,フライ」金城一紀

フライ,ダディ,フライタイトル:フライ,ダディ,フライ
著者  :金城一紀
出版社 :講談社
読書期間:2005/12/28 - 2005/12/29
お勧め度:★★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


おっさん、空を飛んでみたくはないか? はい、とりあえずやってみます…。鈴木一、47歳。平凡なサラリーマン。破綻した世界を取り戻すための、ひと夏の冒険譚。
「ザ・ゾンビース」シリーズ第2弾。と言っても、ザ・ゾンビーズの面々はあくまで脇役で、今回の主役は平凡なサラリーマン・鈴木一(はじめ)です。

毎日決まった時間に出社・帰宅を繰り返す、そんな平凡なサラリーマン・鈴木一。築き上げてきた平凡だが幸せな生活が一変するのに時間はかからなかった。大切な娘が殴られて入院。相手はボクシングの高校チャンピオン・石原。反省の色も見せない石原、そんな石原を庇い事件そのものを隠蔽しようとする学校に怒る鈴木。素手では勝てないと刃物を持って学校に乗り込む鈴木だったが、学校を間違えてザ・ゾンビーズの学校へ乗り込んでしまい・・・。

非常にわかりやすいお話。スピーディな展開、軽くて重いフレーズにどんどん引き込まれていきます。自分には災いが降りかからない。誰しもがそう思っていることでしょう。しかし、悲劇は突然何の前触れもなくやってくる。人間の強さが試されるのはそういう時なのだと教えさせれます。鈴木は弱った娘が助けを求めても手を差し伸べられず、戦おうと思っても素手では立ち向かえない弱い人物。鈴木に自分を重ね、自分だったらどうするかを考え始めると、弱い鈴木を笑うことなど出来ません。

ひょんなことから始まった高校生・朴舜臣と鈴木の師弟関係。朴舜臣に肉体を鍛えられながら、同時に精神も鍛え上げられていく鈴木。人に教えられるわけでなく、自分で自分が弱い人間であると悟った時に、喧嘩の結果はどうであれ(結末はわかると思いますが)、この鍛錬の時間は無駄にはならなかった。強くそう思いました。

あっという間に読み終えてしまいますが、「GO」「レボリューションNo.3」と同様扱っているテーマは結構深いです。読み終えるのがもったいないと思ったのも前作と同様でした。もうちょっと刊行ペースをあげてくれればいいんですけど・・・。

フライ,ダディ,フライ余談:
お店に在庫なく、またまた集英社版を買ってしまいました。講談社版のほうがカッコいい・・・。

+++++

【みなさまのご意見】
本を読む女。改訂版さん
ついてる日記さん
本のことどもさん
今日何読んだ?どうだった??さん
Ciel Bleuさん
日々のちょろいもさん
たりぃの読書三昧な日々さん
*milk and honey*さん
ナナメモさん
ひまさえあればさん
a bird shopさん
流石奇屋〜書評の間さん
M's BOOKcaSeさん
デコ親父は減量中さん('06/03/15追加)
IN MY BOOKさん('06/04/04追加)
死にぞこないの日常さん('06/04/13追加)
本のある生活さん('06/04/17追加)
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!さん('06/08/07追加)
苗坊の読書日記さん('07/01/22追加)


スポンサーサイト

  • 21:33
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

あおちゃん☆こんにちは

弱いのは肉体ではなく精神なんだってことを教えてくれるストーリーだなぁって思いました。
やっぱりゾンビーズっていいなぁ!

  • Roko
  • 2006/01/29 11:37 AM

すいません、ありがちなミスですが「逃亡くそたわけ」のところにもこの本のトラバ送り付けてしまいました・・・。削除の方お願いします。お手数かけます。
この本大好きです。精神も鍛えていく鈴木一、かっこよかったですよね。バスとの競争シーンがすごい好きでした。
金城さんの本、全部読んじゃった私としては、こうやって日々読まれているあおちゃんさんがうらやましい限り。次「SPEED」ですね。次は1冊しか出てないから、装丁で悔しがることはないですね(笑)

■Rokoさん
そうですね。心が強くないと体が強くても意味がない!
高校生にしてそれに既に気が付いている朴舜臣。すごい!

  • あおちゃん
  • 2006/01/29 7:25 PM

■ざれこさん
バスの運転手、スタメンと鈴木一のラストのシーンはすごくよかったですよね。
映画ではどのように再現されてるのだろうか。あと、映画で気になるのは舜臣の舞ですね。
「SPEED」はまだ買ってないので、本屋で見つけたら版元を気にせず即GETします!

  • あおちゃん
  • 2006/01/29 7:29 PM

こんばんわ^^
この作品、大好きなんです!
ゾンビーズシリーズの中でも1番です。
舜臣がまたかっこよくって!
強くて文学少年って言うのが惹かれます〜^^
またゾンビーズシリーズが、出てほしいなぁと思います。

  • 苗坊
  • 2007/01/21 8:06 PM

■苗坊さん
ゾンビーズシリーズ、面白いですよね。昨年全作品一気読みしました。
僕も早く新作を読みたくて仕方ないんだけど、金城さんは寡作な人だからなぁ・・・。
少なくとも年一くらいで書いて欲しいですね。

  • あおちゃん
  • 2007/01/22 3:13 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「フライ・ダディ・フライ」 金城一紀

フライ,ダディ,フライposted with 簡単リンクくん at 2005. 6. 4金城 一紀角川書店 (2005.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • 今日何読んだ?どうだった??
  • 2006/01/27 10:29 PM

《フライ,ダディ,フライ》お願いだから飛んで…

『フライ,ダディ,フライ』金城一紀 ♪♪ 第1弾の記事から読む人はここから! 読んじゃいました 読んじゃいました とうとう辿り着きました!『フライ-』。 ナンダカンダ言っても続きは気になるモノっ。 しかも映画化もされてるこの物語なんだから、 読まないわけに

  • M's BOOKcaSe
  • 2006/01/27 11:19 PM

◎「フライ,ダディ,フライ」 金城一紀 講談社 1180円 2003/1

まずはダラダラと家庭話。仕事から家へ帰ってみると、嫁さんが寝転んでいる。そして言う“私、死ぬかと思っちゃった”“どうしたの”“きょうね、家の階段の2、3段目くらいから落ちちゃったの。もう死ぬかと思って。いろんなことがグルグル頭の中をまわって。ああ、死ぬ

  • 「本のことども」by聖月
  • 2006/01/28 6:05 AM

「フライ、ダディ、フライ」(金城一紀著)

 今回は 「フライ、ダディ、フライ」 金城 一紀著 です。この本はゾンビーズシリーズの第2作ですね。

  • たりぃの読書三昧な日々
  • 2006/01/28 11:37 PM

フライ,ダディ,フライ

フライ,ダディ,フライ 講談社 金城一紀 このアイテムの詳細を見る  鈴木一さんは47歳のごく普通のサラリーマン。その日まで、特に波風もなく平凡な日常を過ごしていたんです。でも、その日を境に、彼の目標は一点に定まってしまったのです。  大事な高校生の

  • ついてる日記
  • 2006/01/29 11:38 AM

「フライ、ダディ、フライ」金城一紀

フライ,ダディ,フライ発売元: 講談社価格: ¥ 1,239発売日: 2003/02売上ランキング: 7,587おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/12/14 金城一紀の本を3冊読んで、ひとつ気づいたことがある。 ああこの作家さん好きーすごく好きー なんつうかこの感情はも

  • 本を読む女。改訂版
  • 2006/01/29 3:15 PM

フライ・ダディ・フライ−(本:今年25冊目)−

講談社 ; ISBN: 4062116995 ; (2003/02) 評価:92点(100点満点) たまらない。 読み終えた直後、おっさんの頑張りに勇気付けられ、俺もなにかをしなくてはと、思わず立ち上がってしまった。 むやみやたらにステップを踏み、軽くシャドーボクシングなどをしてみ

  • デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
  • 2006/03/15 3:19 PM

■ FLY,DADY,FLY 金城一紀

フライ,ダディ,フライ金城 一紀 講談社 2003-02by G-Tools , 2006/04/04 今さら読みました。 体育会系爽やかオヤジ小説。 素直に面白かったです。 暴行の被害を受けたあと、心を閉じてしまった、娘の信頼を取り戻したい。 そんな思いから、在日の若者に喧嘩

  • IN MY BOOK by ゆうき
  • 2006/04/04 3:18 PM

FLY,DADY,FLY- 金城一紀

私の夢―。娘の幸せ。何よりも。私の命よりも。自分には殊更なことは望んではいない。定年退職後に釣りでもおぼえ、可愛い孫たちに囲まれながら安穏な余生を過ごせれば、それでいい。あとは、妻とのんびりイタリア旅行にでも行ければ、妻に、ローマを見せてやりたいの.

  • 死にぞこないの日常
  • 2006/04/13 1:17 PM

「フライ,ダディ,フライ」金城一紀

フライ,ダディ,フライ 「レヴォリューションNo.3」のオチコボレ男子高生「ザ・ゾンビーズ」が再び活躍します。これも、期待を裏切らず、いえ期待以上におもしろかったです。ずっしりと重いテーマを内包していて考えさせられるのに、それでもおもしろくてかろやか

  • 本のある生活
  • 2006/04/18 12:46 PM

フライ、ダディ、フライ 金城一紀

フライ,ダディ,フライ ■やぎっちょコメント この本でゾンビーズシリーズ、読み終わりました。  1.レボリューションNo.3  2.フライ、ダディ、フライ  3.SPEED の連載順です。 3→1→2のイレギュラーな順番で読みましたが、ストーリーがつながっているわけ

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2006/08/02 6:27 PM

フライ、ダディ、フライ 金城一紀

フライ,ダディ,フライ オススメ! おっさん、空を飛んでみたくはないか? 鈴木一、47歳。 名も平凡だが、生活も平凡そのものである。 しかし、何よりも大切なものがある。それは家族だ。 妻と、娘の遙。この2人は自分が守らなければならないと思っていた。 し

  • 苗坊の読書日記
  • 2007/01/21 8:01 PM