2018/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「文房具を楽しく使う(筆記具篇)」和田哲哉

文房具を楽しく使う(筆記具篇)タイトル:文房具を楽しく使う(筆記具篇)
著者  :和田哲哉
出版社 :早川書房
読書期間:2005/12/08 - 2005/12/11
お勧め度:★★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


ステーショナリープログラム」、「信頼文具舗」を運営している和田哲哉さんの著作第2弾。前作はノート・手帳など書かれるものに着目していましたが、今回は書くものに着目。文房具初心者にもわかりやすい、やさしい内容となっています。

前作は文房具を使う楽しさや使い方の紹介が主でしたが、今回は機能的な特徴についてページを割いて詳細に書かれています。今まで当たり前と思っていたことに対して、解説をつけてもらってなるほどと頷くことしきり。定期的に文房具店を回り、情報を収集しているんだろうなぁと思います。

なかなか敷居が高くて買うのに勇気がいる万年筆についても、「安いものを気軽に使ってみよう」とか「分解して構造を調べてみよう(もちろん安いもの)」とかあまり肩肘張らないスタンスがうれしいです。高級な品物を並べたカタログ的な本もそれはそれでありがたいけど、こういう"使い方"を提案してくれる本のほうがニーズは高いのではないかな。

この本が出る前に僕もLamy万年筆「AL STAR」の伊東屋100周年モデル「BLUE STAR」を購入してオフィスで使ってます。最初のうちはペン先が硬く引っかかってイライラしてましたが、今では馴染んできてスイスイ書けます。自分の好きなものが手になじんでくる喜びをひしひしと感じてます。

今一番気になっているのは芯ホルダー。太目の芯を使い、あまり先を尖らせずに太めな字をゆるゆると書きたいと思っています。Caran d'AcheSTAEDTLERも気になってますが、Lamyscribble」が一番気になります。独特ななめらかな形になんだが癒されてしまいます。

+++++

和田さんのブログ LowPowerStation


スポンサーサイト

  • 15:20
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback