2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「神様からひと言」荻原浩

神様からひと言タイトル:神様からひと言
著者  :荻原浩
出版社 :光文社文庫
読書期間:2005/11/24 - 2005/11/26
お勧め度:★★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。クレーム処理に奔走する凉平。実は、プライベートでも半年前に女に逃げられていた。ハードな日々を生きる彼の奮闘を、神様は見てくれているやいなや…。サラリーマンに元気をくれる傑作長編小説。
マイベス投票を終えてから、久しぶりに荻原さんの本を読んでみました。荻原さんにははずれがない、と再認識させられた作品。

前職をトラブルで辞めた佐倉凉平、再就職先の珠川食品でも入社早々にトラブルを起こし、閑職「お客様相談室」行きを命ぜられる。日々繰り返される客からのクレーム。その処理に奮闘するうち、珠川食品の抱える重大問題に突き当たる・・・。なんて、シリアスな内容紹介をしましたが、文体は軽妙。どこぞの中小企業で起こっていそうな事柄を、荻原さんお得意の洒落の利いた文章でぐいぐい読ませてくれます。

「オロロ畑〜」「母恋旅烏」でもそうでしたが、荻原さんの作品はキャラが魅力的。ネチネチと部下をいびるが実は気の弱い上司、パソコン・アイドルオタクの同僚、中でもギャンブル狂の上司・篠崎がとてもいい味出してます。篠崎からお客様への接し方(その場しのぎも多いが)を教わったり、ラーメン屋店主とのやりとりをしたりしながら凉平が成長していく姿がほほえましく、自分は仕事で成長できているのかと重ね合わせる部分が多かったです(職種は全く違いますが)。

サイドストーリとして進んだ恋人探しの話も最後には無事決着。今後は二人幸せに暮らしていくことでしょう。読後感もよくお薦めできる作品。

+++++

【みなさまのご意見】
読んだモノの感想をぶっきらぼうに語るBlogさん
活字中毒日記!さん
IN MY BOOKさん
+ChiekoaLibrary+さん
のほ本♪さん
かみさまの贈りもの〜読書日記〜さん
KOROPPYの本棚さん
+++ こんな一冊 +++ さん
流石奇屋〜書評の間さん
毒にも薬にもならないさん
お気楽らいぶしあたー♪さん
松の素2さん
乱読日記さん('05/12/19追加)
たつパパ★南北線さん('05/12/28追加)
たいの身勝手書評さん('06/02/05追加)
Grave of memoryさん('06/02/26追加)
たこの感想文さん('06/04/28追加)
のほほんの本さん('06/06/04追加)
文学な?ブログさん('06/06/26追加)
京の昼寝〜♪さん('06/10/22追加)
たりぃの読書日記さん('06/11/11追加)
きつねの本読みさん('06/12/17追加)
奥さまは149cmさん('08/01/17追加)


スポンサーサイト

  • 13:20
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

これまでに読んだ荻原作品の中では一番好きな作品です。と言っても、あんまり読んでないですけど...
TBさせていただきました。

あの二人のことは気になっておりました…。うまくいっててくれるといいんですけど!むずかしそうじゃないですか?!(かなり私見ですが(汗))

  • chiekoa
  • 2005/12/09 4:26 PM

■乃太郎さん
荻原本はこの本で5冊目。僕もあまり読んでないですね・・・。
「母恋旅烏」は読まれましたか? これも「神様からひと言」と同じくらい面白いです。

  • あおちゃん
  • 2005/12/10 1:31 AM

■chiekoaさん
意外とうまくいっちゃうんですよ、ああいう二人は。
こちらもかなり私見が入っていますが・・・。

  • あおちゃん
  • 2005/12/10 1:34 AM

初めまして!トラックバックをありがとうございました…お返しTBさせていただきました。今後もよろしくお願いしますm(_ _)m

荻原浩さんは最近であった作家さんで、今もっとも気に入っている読みたい作家の1人です。最新作は図書館で予約を入れても30人待ちって言われました(汗)。

■ぽちさん
始めまして!
僕も荻原さんは今年知りました。面白いですよねー。全作品制覇したい作家さんの一人です。
今日も一冊買って来ました。僕は図書館をうまく活用できない人(締切りに追われるのがちょっと・・・)なので、全部購入してます。出費が痛いので早く文庫化されないかなぁ。

  • あおちゃん
  • 2005/12/11 1:44 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

神様からひと言*荻原浩

☆☆☆・・  会社に「人質」取られてますか?  不本意な移動、でも辞められない。  佐倉涼平  九月十二日付けで総務部お客様相談室へ異動        (帯より) 大手

  • +++ こんな一冊 +++
  • 2005/12/09 1:47 PM

『神様からひと言』 荻原浩

珍しく後味のよい作品、と言ったらファンに怒られてしまうでしょうか。 冒頭から世界に引き込むだけの描写力と、最後まで飽きさせない展開を兼ね備えていながら、最後に必ず「えっ!?」というオチが。 ラストについて考えてしまうこと自体が、既に作者の術中に陥っている

  • KOROPPYの本棚
  • 2005/12/09 2:21 PM

神様からひと言(荻原浩)

中途入社した会社はどうしようもない会社だった。不本意な異動で「総務部お客様相談...

  • のほ本♪
  • 2005/12/09 2:31 PM

神様からひと言 (荻原浩)

食品会社を舞台に、笑いあり、スリルあり、しんみりありの、ちょっといい話風コメディです。きちんとドラマ化ないしは映画化されたらさぞや上質のエンターテイメントに仕上がりそう。見方を変えればこの手のストーリーは小説やドラマや映画などで使い古されているはずで

  • 読んだモノの感想をぶっきらぼうに語るBlog
  • 2005/12/09 3:37 PM

神様からひと言 [荻原浩]

神様からひと言荻原 浩 光文社 2002-10 騒ぎを起こして大手広告代理店を首になった佐倉。再就職先のラーメンメーカーでも問題を起こした彼が飛ばされた先は「お客様相談室」。そこで彼が出会った人々、そして明らかになったこの会社の実態とは…。 痛快なサラリー

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2005/12/09 4:25 PM

神様からひと言 荻原浩

即席ラーメンや輸入物の漬物を取り扱う会社に勤め、人事異動のため総務部お客様相談室へと異動させられた佐倉涼平。 消費者からのクレームや問い合わせの電話に追われる毎日となってしまった。 辛辣なクレームへの対処の仕方、会社との軋轢、上司との人間関係など、サ

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2005/12/09 5:35 PM

神様からひと言

【最近読んだ本】 神様からひと言 荻原 浩 著 ボクは田舎の町で地方公務員をしています。毎年3月の議会が終わるのを待って次の年度の人事異動の内示を受け、紙切れ一枚で仕事の中身も勤務のパターンもコロッ!と変わるのが当たり前な立場です。そして今までに自分

  • お気楽らいぶしあたー♪
  • 2005/12/10 10:26 AM

神様からひと言

荻原 浩 神様からひと言 読み終わって第一声は…。 サラリーマンは大変だ…。 言いたいことを飲み込むって言うのは大変なことだしさ…。 つくづく働きたくないよ(笑) 「お客様のひと言は神様のひと言」 こんな社訓があるのに、お客様相談室からのフ

  • 乱読日記
  • 2005/12/19 1:44 PM

荻原浩 「神様からひと言」

FM横浜お薦めの本ということで買ってみました。 大手広告代理店をあるトラブルから辞めて中堅食品メーカに転職した主人公が,新製品開発会議で同じトラブルを起こしてしまい,「お客様相談室」に送られるところから物語が始まります。 直属上司と一緒に,ひとクセもふ

  • たつパパ★南北線
  • 2005/12/28 6:24 PM

『神様からひと言』 荻原浩 (光文社文庫)

神様からひと言荻原 浩 / 光文社(2005/03/10)Amazonランキング:3,365位Amazonおすすめ度:会社勤めしてる人にオススメです個性的なキャラと痛快な展開。読後はスッキリ♪見せ場多く面白い!Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 短気で喧嘩っ早い性

  • 活字中毒日記!
  • 2006/01/17 11:05 PM

「神様からひと言」 荻原浩

広告代理店から「珠川食品」に中途入社した佐倉涼平は販売会議で早速トラブルを起こし、「お客様相談室」に左遷される。「お客様相談室」は社内の問題児、リストラ候補者を集めたような部署。そこで涼平はクレーム処理に追われることとなる。 個性的な仲間に囲まれ、

  • たいの身勝手書評
  • 2006/02/05 3:42 PM

荻原 浩の「神様からひと言」読了

神様からひと言 荻原 浩 著 「神様からひと言」 ★★★★ 大手広告代理店を辞め,「珠川食品」に再就職した佐倉涼平。入社早々,販売会議でトラブルを起こし,リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。クレーム処理に奔走する涼平。実は

  • Grave of memory
  • 2006/02/26 12:00 AM

(書評)神様からひと言

著者:荻原浩 大手広告代理店でトラブルを起こして辞め、「珠川食品」に再就職した佐

  • たこの感想文
  • 2006/04/27 4:23 PM

神様からひと言

荻原浩『神様からひと言』(光文社 2005) 評価:★★★★★ これはメッチャ面白かった!!! こんな面白い作品に出会ったのは久しぶりですね。 分厚いからヤダなぁって思ってたんですけど、読み始めたら止まらなくて、段々終わりに近づくにつれ、あぁ終わっ

  • のほほんの本
  • 2006/06/02 10:05 PM

神様からひと言/荻原浩

安心して読める小説という表現が相応しい作品です。読後感は爽快で幸せな気持ちで満たされます。 大手食品会社に転職した佐倉凉平は、新商品ネーミングのプレゼンでの失態からお客様相談室に左遷されます。旧態然とした組織の中で、最初は退社を考える凉平でしたが、

  • 文学な?ブログ
  • 2006/06/26 12:30 AM

「神様からひと言」/荻原 浩

「神様からひと言」(荻原 浩著)【光文社文庫】  大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。 入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。クレーム処理に奔走する凉平。実は、プライベ

  • 京の昼寝〜♪
  • 2006/10/22 12:06 AM

「神様からひと言」(荻原浩著)

 今回は 「神様からひと言」 荻原 浩著 です。

  • たりぃの読書三昧な日々
  • 2006/11/10 9:08 PM

神様からひと言

大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。入社早々、販売会議でトラ

  • きつねの本読み
  • 2006/12/16 11:56 PM

荻原浩『神様からひと言』

神様からひと言荻原 浩  ちびちび的プチ評:[emoji:i-280][emoji:i-280][emoji:i-280]   読後感がとてもいい! 光文社 2002-10Amazonで詳しく見る by G-Tools 「お客様の声は神様のひと言」 が社訓の珠川食品に入社した佐倉凉平。 トップ会議の場で上司

  • 奥さまは149cm
  • 2008/01/11 9:08 PM

「神様からひと言」 荻原浩

神様からひと言 (光文社文庫)(2005/03/10)荻原 浩商品詳細を見る 大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。 入社早々、販売会議...

  • 読書日和
  • 2008/05/11 8:22 PM

荻原浩『神様からひと言』

神様からひと言 (光文社文庫)荻原 浩光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『神様からひと言』を紹介します。広告代理店をやめ、食品会社に再就職する主人公の佐倉の奮闘する様を描いたものである。食品会社の入社直後の会議で上司の末松とやりあって、お客様

  • itchy1976の日記
  • 2010/04/24 10:17 PM