2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「きよしこ」重松清

きよしこタイトル:きよしこ
著者  :重松清
出版社 :新潮文庫
読書期間:2005/11/18 - 2005/11/19
お勧め度:★★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


名前はきよし。君によく似た少年。言葉がちょっとつっかえるだけ。話はある聖夜、ふしぎな「きよしこ」との出会いから始まる。たいせつなことを言えなかったすべての人に捧げる、少年小説。
月一重松本継続中。今回は「きよしこ」です。連作短編集。重松清で「きよしこ」か、著者自身の話?と思い読み始めましたが、その通りだったようです。

ある作家のもとに届いた一通の手紙。「吃音(きつおん)」の子どもを持つ母が、子どもに励ましの言葉を送ってやってくれないか、というものだった。自身も吃音である作家は「個人的なお話」を書くことにする。父親の仕事の都合で転校を繰り返す少年・きよし、カ行とタ行が苦手で転校の際の自己紹介が嫌いな少年が主人公の物語であった。

重松さん自身も吃音であったということなので、私小説といっていいのでしょう。言いたいことを言えない辛さ、友達に馬鹿にされることの辛さ、それに変わる他の言葉を選び逃げてしまったことに対する悔しさ、など主人公・きよしの気持ちが胸に響いてきます。一番辛いのは言いたいことを言えない辛さなのでしょう。クリスマスに欲しいプレゼントを言えずに、逆にもらったプレゼントを壊してしまう行動は衝撃的でした。

吃音は心理的なプレッシャーから始まる、というのを聞いたことがあります。きよしの場合は物心が付いた時のちいさな事件から始まったのですが、それが快方に向かわないのは、親の接し方にもあるのかなと感じました。「ゆっくりしゃべればいい」「気にしなくていい」「笑うやつの方がおかしいんだ」など気遣いの言葉が逆に重荷になりえるということに難しさを感じました。

それにしても、きよしは強い子です。自分がもしそうだったらこんなに強くは生きられないかも。どの短編もすばらしいけど「北風ぴゅう太」が秀逸。

※トラキチさん主催「今宵、重松作品を語ろう!」にトラックバック。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 13:18
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

TBありがとうございましたm(_ _)m

何冊かこのあと重松作品を読んでいるのですが、なかなかアップできなくて><
今月始まる映画『疾走』を観る前に、なんとか上下巻、読破してしまいたいのですが(笑)

  • cyaz
  • 2005/12/05 5:43 PM

■cyazさん
「疾走」、映画化されるのですか?知りませんでした・・・。
「疾走」は重松本の中で読みたい本の筆頭なのですが、
あの表紙が恐ろしくてなかなか手が出ません。
心してかからなくちゃいけないような気がして・・・。
読破したら感想を聞かせてくださいね。

  • あおちゃん
  • 2005/12/05 5:50 PM

あおちゃんさん、こんにちは。
私もきっと、こんなに強くは生きられないです…
重松さんの作品は、いつまでもじわじわどーんとしたものが残るので、
(↑曖昧な表現ですケド)2冊でストップしちゃっています。
私も月イチくらいのペースで読もうかなぁと思案中。
TBさせてくださいませ。

■ましろさん
こんにちは。
重松さんの本は読みやすいんだけど、内容はかなり重たいですよね。
立て続けに読むのはちょっと・・・です。月一くらいがちょうど良いですよ。
ましろさんも一緒に読みましょう!

  • あおちゃん
  • 2005/12/06 11:59 AM

TBありがとうございました。
この作品、とても好きなのでうれしかったです。
ブログリストも登録させていただきました。

■りりこさん
僕もこの本大好きです。重松さんの本の中で1,2を争ってます。
こちらでもブログリストに登録させていただきました。

  • あおちゃん
  • 2005/12/10 1:23 AM

はじめまして。TBありがとうございました。
僕もTBさせていただきました。
重松さんの本、たくさん読まれてるんですね。
僕は今日、「きみの友だち」を買ってきました。楽しみだなあ〜。

■the salarymanさん
はじめまして。
重松本には今年の初めに出会って、それ以来月一冊ペースで読んでます。
読みやすいけど内容が結構ヘビーなんで月一冊くらいがちょうど良いです。
今は「疾走」を読んでます。これまたヘビーです・・・。

  • あおちゃん
  • 2005/12/15 1:48 PM

私はこの本が初・重松さんでした。
ほかもいろいろ読みたいんですけど、最近人気あるからなかなか図書館で借りられません…。
でも大好きです!これは表紙の絵もすごくいいと思うのです…。

  • chiekoa
  • 2005/12/19 4:15 PM

■chiekoaさん
初重松本でこの本とはいいチョイスでしたね。
今までに読んだ重松作品では間違いなく上位です。
表紙もいいし、内容もいい!
今読書中の「疾走」、思っていた通りかなりヘビーです・・・。

  • あおちゃん
  • 2005/12/19 8:56 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

重松清『きよしこ』  ★★★☆

きよしこ 重松 清 「誰かになにかを伝えたいときは、そのひとに抱きついてから話せばいいんだ。抱きつくのが恥ずかしかったら、手をつなぐだけでもいいから」(きよしこ) 「最後を悲しい終わり方にはするなよ。お芝居いうか、嘘っこのお話は、途中がどげん悲し

  • book diary
  • 2005/12/05 1:50 PM

重松 清 『きよしこ』 …ささやかなエールを贈りたくなる作品

「白石きよし」という少年の物語。 そこそこ正義感があり、そこそこスポーツができ、そこそこ熱血漢な、どこにでもいる少年の物語。 ただ少し喋るのが上手じゃないだけ。 その少年がいくつかの苦難を乗り越え、いくつかの慕情を経験し、大人へと成長するまでの過程を

  • : : FLMAX Cafe : :
  • 2005/12/05 4:14 PM

きよしこ 重松清

主人公の「きよし」は幼い頃に受けた心の衝撃のためか、吃音という悩みを抱えている。 その少年の学生時代を友達との交流を通して綴ってある。 なかなか言葉を発することが不自由な様が痛いほど伝わってきた。 日常生活で何も考えずに普通にやってることが、きよしに

  • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
  • 2005/12/05 5:24 PM

「きよしこ」(重松 清著)

「きよしこ」(重松 清著)【新潮文庫】  少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。  どこにでもいる少年。転校生。   言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。    思ったことを何でも話せる友だちが欲しかった。     そんな友だちは夢の中の世

  • 京の昼寝〜♪
  • 2005/12/05 5:39 PM

きよしこ

 優しくって暖かくって愛おしい物語、重松清・著『きよしこ』(新潮社、新潮文庫)。著者とよく似た、吃音の少年が主人公。思ったことを何でも話せる友だち“きよしこ”を自分の中に置いていた少年の、小学1年から大学受験までを描いた物語である。様々な人との出会い

  • まっしろな気持ち
  • 2005/12/06 9:38 AM

『きよしこ』 重松清 新潮文庫

        きよしこ 本当にどこまでも、重松作品は心に響いてきます。吃音のある少年の、小学1年生から大学に入学するまでのお話です。 「きよし、この夜」を「きよしこの、夜」だと勘違いしていた少年は、自分と似た名前の「きよしこ」が星

  • アン・バランス・ダイアリー
  • 2005/12/11 12:14 AM

きよしこ/重松清

重松清(2002/2005)新潮文庫 「きよしこ」が文庫になっているのを見つけたので、三島由紀夫は一休み。 電車の中で「北風ぴゅう太」に涙しました。バレないようにじっとしてました。 きよしこ taste:★★★★☆

  • サラリーマンの読書エッセイ
  • 2005/12/14 9:38 PM

きよしこ [重松清]

きよしこ重松 清新潮社 2002-11 子供のころ吃音がひどかったある「作家」のところへ、同じ吃音で苦しむ子供を持つ母親から手紙が届きます。「子供を励ましてやってください」と。彼は、その子供に励ましの手紙を書くかわりに、物語を書き始めます。 彼のそばに、そ

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2005/12/19 4:14 PM

きよしこ / 重松清

重松 清 きよしこ 少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。どこにでもいる少年。転校生。言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。思ったことを何でも話せる友だちが欲しかった。そんな友だちは夢の中の世界にしかいないことを知っていたけど。ある年の

  • みすじゃん。(みすてり中毒者の部屋)
  • 2007/07/22 8:40 PM

重松清「きよしこ」

重松清「きよしこ」を読んだ。     白石きよしという名の少年が主人公。重松はわざと彼を「少年」と呼んでいる。彼は吃音だ。作者の重松清も少年の頃、吃音に悩んでいたという。少年は父親の転勤が多いせいで、転校を繰り返している。この本は短編集。以下の作品た

  • りゅうちゃんミストラル
  • 2009/09/12 3:46 PM