2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「リヴィエラを撃て」高村薫

リヴィエラを撃て(上)リヴィエラを撃て(下)タイトル:リヴィエラを撃て
著者  :高村薫
出版社 :新潮文庫
読書期間:2005/10/21 - 2005/11/03
お勧め度:★★★★

上巻 → [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]
下巻 → [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


1992年冬の東京。元IRAテロリスト、ジャック・モーガンが謎の死を遂げる。それが、全ての序曲だった−。彼を衝き動かし、東京まで導いた白髪の東洋人スパイ『リヴィエラ』とは何者なのか?その秘密を巡り、CIAが、MI5が、MI6が暗闘を繰り広げる!空前のスケール、緻密な構成で国際諜報戦を活写し、絶賛を浴びた傑作。日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞受賞。(上巻)

CIAの『伝書鳩』とともに、父の仇である『リヴィエラ』を追っていたジャック。複雑怪奇な諜報機関の合従連衡。二重・三重スパイの暗躍。躍らされる者たち。味方は、敵は誰か。亡命中国人が持ち出した重要書類とは?ジャック亡き後、全ての鍵を握るピアニストは、万感の思いと、ある意図を込めて演奏会を開く。運命の糸に操られるかのように、人々は東京に集結する。そして…。(下巻)
先月末に読んだ本。高村さんの本は生半可な気持ちじゃ読めません。今回もたっぷり10日間ほど時間を費やしました。日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞受賞品。

舞台はイギリスと日本。謎のスパイ「リヴィエラ」を軸にCIA、MI5、MI6などの諜報機関やIRFテロリストが織りなす複雑な人間模様を描写しています。登場人物は少なくないのですが、"入魂"という言葉がぴったりなほどそれぞれの人物が細かく書き込まれています。中でもIRFテロリストのジャック・モーガンとCIA職員の<<伝書鳩>>の交流がぐっと来ました。立場が違えど似たもの同士の二人・・・。

それにしても国家の権力と圧力の前には一個人などゴミのようなものだと感じずにはいられませんでした。目的のためには手段を選ばず。さらに、そしてそうまでして隠そうとしていたことはなんとちっぽけなことなのかとも。「リヴィエラ」との会話で手島が感じたように、結末の空しさといったら何とも言いようののないものがあります。

お世辞にもすっきりした読了感とは言えませんが、人としていかに生きるべきかを考えさせられる本です。細かい部分で理解不能のところがあったので、再読して穴を埋めて行きたいです。読み始めるまでにパワーが必要ですが・・・。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 13:02
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

高村薫のことども

  ○ 『黄金を抱いて翔べ』 既読書評なしm(__)m   ○ 『神の火』 既読書評なしm(__)m   ◎ 『我が手に拳銃を』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『リヴィエラを撃て』 既読書評なしm(__)mだが・・・読むべし、読むべし、べし、べし、べし!   ◎ 『マークスの

  • 「本のことども」by聖月
  • 2005/11/17 4:34 PM

リヴィエラを撃て

リヴィエラを撃て〈上〉 (新潮文庫)高村 薫新潮社発売日:1997-06ブクログでレビューを見る» リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫高村 薫新潮社発売日:1997-06ブクログでレビューを見る» 評価:★★★☆☆ 僕達は、生きて、生活して、死んでいくだけだ

  • のほほんの本
  • 2010/01/20 10:18 AM