2018/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「空と写真の時間」藤田一咲

夢にも思わないタイトル:空と写真の時間
著者  :藤田一咲
出版社 :えい文庫
読書期間:2005/10/05
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


脱力写真家・藤田一咲の大好評「写真の時間」シリーズ第7作。テーマは「空(そら)」。幼い頃、青い空に浮かぶ白い雲を、時を忘れていつまでも眺めた記憶はありませんか?あの日の空、忙しく過ぎていく毎日で忘れていませんか?この本に収められた60の空と20のお話で、忘れていた空、いつもの空、見たこともない空をまったり、ゆったりお楽しみください。
藤田さんの「写真の時間」シリーズ第7弾。今回はタイトル通り「空」について。花とか猫とか、写真好きは被写体になるものは何でも好きなんですなぁ。そういう自分も好きなのですが・・・。

空と雲がお題だからいつもよりもまったり感が漂ってます。写真もまったりだし、文章も待ったり。いろんな雲を見つけてあれに似てるこれに似てると喜んでみたり、南や北に旅して撮ってきた写真だったり。これが仕事だというのだからうらやましい限りです。まぁ、好きなことを仕事にしてしまったら辛い時もあるのだろうけれど。

ローライにハッセルにポラロイドにCANON NEW F-1。今回もいろいろなカメラで撮った空の写真を見せてくれます。かっちりした写真もぼんやりした写真もカメラごとの味が出ていて雰囲気がいいなぁ。藤田さんの本を読むと物欲を刺激されるのが玉にキズ・・・。

11月にはまた新刊「ローライフレックスの時間」が発売予定。ネタは尽きないですね。以前出版されたカメラモノ「ハッセルブラッドの時間」がかなりよかったので期待大です。


スポンサーサイト

  • 21:11
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

藤田一咲さんのスクエアな世界

友人のなかざわ氏よりRolleicordIIIをお借りしていたことを以前にエントリしました。すっかり6x6のスクエアな世界にハマり、自分でもRolleiflexもしくはRolleicordを購入しようと探しましたが気に入った個体に巡り会えず、以前より欲しかったLeica IIIfを手に入れたこと

  • takafumi+style
  • 2005/11/10 1:12 AM