2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「袋小路の男」絲山秋子

袋小路の男タイトル:袋小路の男
著者  :絲山秋子
出版社 :講談社
読書期間:2005/10/01 - 2005/10/02
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


「あなた」とは指一本触れないままの12年間、袋小路に住む男にひたすら片思いを続ける女を描いた究極の純愛小説。川端康成文学賞受賞の表題作を含む3篇を収録した短篇集。「群像」掲載を単行本化。
表題作「袋小路の男」「小田切孝の言い分」「アーリオオーリオ」の3編からなる短編集。前2編は続き物で女性の視点、男性の視点に立ったもので基本的には同じ時間でのお話、3編目は独立したお話となっています。また、表題作は帯によると川端康成文学賞受賞の純愛小説だそうです。

んー、これって純愛小説なのかな。10年以上もの間大谷日向子と小田切孝は付かず離れずを繰り返し、お互いに思いあっていながらも手を触れることもない。これだけ聞くと純愛かもしれないけど、その間に別の男性(女性)と付き合ったりしているし。お互い寂しいときに都合よく間を埋めているように見えるのですが・・・。

最初のころは愛だったものが今は情だけでくっついている、そんな風に思えます。なんだかもどかしい二人。はっきりしちゃえよと何度思ったことか。

男女間の友達関係がなりたたない、という前提でこの話は始まっているのでしょうか。同姓とよりも異性との方がうまく話できたり自然に振る舞えたりする人もいると思うのですが。ちょっとなぞです。

とまぁ、登場人物にはあまり感情移入できませんが、文体や醸し出す雰囲気は嫌いではないです。読了感もなかなかよろしい。ただ絲山さんの本ならばこの本より「イッツオンリートーク」や「海の仙人」をお薦めしたいです(「逃亡くそたわけ」は未読です)。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 14:29
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

あおちゃんさん、こんばんわ。
TBありがとうございます。
純愛小説と呼んでしまうのはどうかと思うのですが、
これ、かなり好きです。

はっきりしちゃえよ、って思うの、わかります(笑)。

  • june
  • 2005/10/18 9:46 PM

■juneさん
もどかしくてもどかしくて、こういう関係は自分には無理。
でも、雰囲気はなかなかいいなぁと思います。
行きつ戻りつしていた関係が振り子の振動が小さくなるようにゆっくりと収斂していく。
それが十数年という歳月なのですかね。
振り子がぴたっと止まるまでにはまだまだ時間がかかりそうですが。

  • あおちゃん
  • 2005/10/19 12:40 AM

TBありがとうございました♪
わたしも絲山さんの作品だったら「海の仙人」が
けっこう好きです!

■すみれさん
淡々としてるけどテーマは結構重いんですよね、どの本も。
まだ読んでない「逃亡くそたわけ」も楽しみですが、
月末に発売になる新刊「ニート」も楽しみにしてます。

  • あおちゃん
  • 2005/10/26 1:55 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

◎◎「袋小路の男」 絲山秋子 講談社 1365円 2004/10

 前回132回の芥川賞を、御贔屓作家の阿部和重が受賞してご満悦の評者なのであるが、本書『袋小路の男』を読んで、早くこの作家にこのようなタイプの作品群で受賞してほしいと痛切に感じてわけで、それが今の評者のあらためての心持なのである。  最近の芥川賞、受

  • 「本のことども」by聖月
  • 2005/10/18 3:13 PM

絲山秋子のことども

  ◎ 『イッツ・オンリー・トーク』 ◎◎ 『海の仙人』 ◎◎ 『袋小路の男』 ◎◎ 『逃亡くそたわけ』

  • 「本のことども」by聖月
  • 2005/10/18 3:14 PM

「袋小路の男」絲山秋子

「袋小路の男」絲山秋子(2004)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、小説、現代、モラトリアム、恋、愛、宇宙、家族、夢 本書は表題作「袋小路の男」続篇「小田切孝の言い分」、それとまったく別の作品「アーリオ オーリオ」の三篇からなる。 ☆4つ!すごい。本当は5

  • 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
  • 2005/10/18 7:53 PM

袋小路の男

袋小路の男 絲山秋子 純愛というのがそもそもどういうものなのかよくわかってないのですが、これはまぎれもなく恋愛小説。友達という関係を崩したくなくて、気持ちを隠して友達として付き合い続けるというのは、よく聞くけれど、この場合は明らかに気持ちを知ってい

  • 本のある生活
  • 2005/10/18 9:33 PM

「袋小路の男」絲山秋子

袋小路の男posted with 簡単リンクくん at 2005. 6. 1糸山 秋子 / 糸山 秋子著講談社 (2004.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 「袋小路の男」「小田切孝の言い分」「アーリオ・オーリオ」の3篇を収録。 そのうちはじめの2編

  • 本を読む女。改訂版
  • 2005/10/19 1:35 AM

袋小路の男 絲山秋子

袋小路の男絲山 秋子 講談社 2004-10-28by G-Tools 川端康成文学賞受賞作。帯によると、現代の純愛小説、と、絶賛されたんだそうです。 うーん。小説としては、嫌いじゃない。「袋小路の男」と続編の「小田切孝の言い分」は、特に、なかなか良かったと思う。あ、悪

  • IN MY BOOK by ゆうき
  • 2005/10/19 11:54 AM

『袋小路の男』絲山秋子/講談社

袋小路の男絲山 秋子講談社2004-10-28by G-Tools 指一本触れないまま、「あなた」を想い続けた12年間。 <現代の純愛小説>と絶讃された表題作、「アーリオ オーリオ」他1篇収録。 注目の新鋭が贈る傑作短篇集。第30回川端康成文学賞受賞 2編連作の「袋小路の男」

  • ひなたでゆるり
  • 2005/10/19 11:47 PM

いつの間にか

芥川賞・直木賞決まっていたんですね。 今年は、芥川賞が絲山秋子さん(39)の「沖で待つ」 直木賞が東野圭吾さん(47)の「容疑者Xの献身」でございます。 今回は特別&#63903;華やかさや珍しさのある受賞者では無かったと思います。 無難に落ち着いたと言う

  • コロボックルの芽
  • 2006/01/18 7:14 AM

袋小路の男 (絲山秋子)

『袋小路の男』『小田切孝の言い分』『アーリオ オーリオ』の3編が収録されています。 絲山さんの主人公は、(精神病を含めて)屈折気味な人物であることが多いのですが、彼らの人物とか人間模様を、思い切りの良くサバサバと語ってしまうのがこの人の持ち味と思い

  • 読んだモノの感想をぶっきらぼうに語るBlog
  • 2006/04/11 4:54 PM

絲山秋子「袋小路の男」

こういう話は、全然理解できない人と、すごく共感できる人に分かれると思う。私は後者。この手の話には萌えるんです。すごく楽しめたし、理解できた。 恋人関係に発展することはないけれど、長年互いの存在を必要としてきた男女の、その「距離感」が魅力的なのですよ

  • あざやかな瞬間
  • 2006/05/03 4:34 AM

袋小路の男

袋小路の男posted with amazlet on 05.08.04 絲山

  • ついてる日記?
  • 2006/05/07 6:44 PM

絲山秋子の「袋小路の男」を読む!

発売されたばかりの文庫本を購入して、絲山秋子の「イッツ・オンリー・トーク」を読んですぐに、ブックオフで「袋小路の男」と「ニート」の単行本を購入し、一気に読みました。絲山秋子の経歴などについては前に書いていますので、ここでは2004年の作品「袋小路の男」に

  • とんとん・にっき
  • 2006/08/03 4:28 PM

袋小路の男 絲山秋子

袋小路の男 ■やぎっちょ書評 いやぁ。良かったですね。空気が。 むにょむにょとした日向子と小田切孝の関係がなんなと良かったです。自分がこういう関係になるのはちょっとヤだけど。。。 あ、でもね。 先に書きたいんだけど、「袋小路の男」「小田切孝の言い分」

  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
  • 2007/08/28 5:05 PM