2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「嗤う伊右衛門」京極夏彦

嗤う伊右衛門タイトル:嗤う伊右衛門
著者  :京極夏彦
出版社 :角川文庫
読書期間:2005/08/27 - 2005/08/31
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


疱瘡を病み、姿崩れても、なお凛として正しさを失わぬ女、岩。娘・岩を不憫に思うと共に、お家断絶を憂う父・民谷又左衛門。そして、その民谷家へ婿入りすることになった、ついぞ笑ったことなぞない生真面目な浪人・伊右衛門−。渦巻く数々の陰惨な事件の果てに明らかになる、全てを飲み込むほどの情念とは−!?愛と憎、美と醜、正気と狂気、此岸と彼岸の間に滲む江戸の闇を切り取り、お岩と伊右衛門の物語を、怪しく美しく蘇らせる。四世鶴屋南北『東海道四谷怪談』に並ぶ、著者渾身の傑作怪談。
初の京極堂シリーズ外作品となる本作は、京極流「四谷怪談」です。よく耳にするお話のはずなのですが、実のところ知っているのはお岩さんというひどく醜い女性が登場するというくらい。「一枚、二枚・・・」と皿を数える話でしたっけ?あっ、これは「番町皿屋敷」か・・・。まぁ、全く知らなくても十分楽しめます。

怪談というよりは岩と伊右衛門の悲しい恋の物語。伊右衛門のことを思いつつも逆の態度を取ってしまう岩。同じく伊右衛門も岩のことを深く思いながらも入り婿の引け目を感じて煮え切らない態度を取ってしまう。本当に不器用な二人です。

今までのイメージを覆す岩という女性。武家の娘としての誇りが高く、一途な女性。気丈に振舞う様は、なんだか痛々しささえ感じます。しかし、この姿に本当の美しさは外見などではなく心にあるということも思い知らされます。

岩と伊右衛門だけでなく、脇を固める顔ぶれもとても魅力的。中でも小股潜りの又市と筆頭与力の伊東喜兵衛が際立ってます。弁舌軽やかで人を騙すことにも長けている又市、人の心根を見透かす術にも長けています。岩とのやり取りが一興。悪行三昧を繰り返す上、腕も立つという喜兵衛。伊右衛門と岩の深い絆は浮き立たせるのに十分なほどのどす黒い男です。読んでいてどんどん不愉快になりますが、伊右衛門の対極に立つ人物として欠かせないです。

京極さんの本としては薄い本書。その厚さでなかなか手が伸びない方も京極本の入門書として読んでみるのはいかがでしょうか。妖怪など出てきませんが、京極さんの持ち味であるおどろおどろしさ、きれいな文章(相変わらず漢字が難しい・・・)を堪能することが出来ると思います。

+++++

【みなさまのご意見】
日記風雑読書きなぐりさん('05/09/15追加)
本を読む女。改訂版さん('05/09/15追加)
ゆうきの読書日記&矯正日記さん('06/01/20追加)


スポンサーサイト

  • 12:57
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

京極夏彦といえば新本格派推理京極堂シリーズの話題だらけですが、こちらの世界を理解する方がおられるとうれしくなります。

こんにちは。私もこの本、ある意味京極堂より好きです。切なかったし、なんか、なあ。
映画もダメダメかと思ってたら、わりとよかったです。
伊東役の椎名桔平がなかなか・・

■よっちゃん
※"さん"は付けなくてもいいですか?
こんばんは。
京極堂シリーズも好きなのですが、こっちはこっちでとてもいいです。
切ない恋物語でもあり、ミステリーでもあり。
京極さんにはこの手の本をもっと書いていただきたいですね。

  • あおちゃん
  • 2005/09/15 9:53 PM

■ざれこさん
おぉ、映画を見られましたか。お岩=小雪ってのがぴったりきますね。
「覘き小平次」ってのが「嗤う伊右衛門」の続編ってことになってるらしいですね。
伊右衛門は(当然)出てこないらしいのですが、はて、どんな風に繋がっているのでしょう。

  • あおちゃん
  • 2005/09/15 10:00 PM

こんにちは。
「IN MY BOOK by ゆうき」さんのページから
辿って来ました。
同じハンドルで,同じような本を読んでいて
びっくりしました。
こちらにも,時々寄らせてください。
よろしくお願いします。

■ゆうきさん
はじめまして。
備忘録として読んだ本の感想を書いています。
また遊びに来てくださいね。

  • あおちゃん
  • 2006/01/20 1:15 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

03/11/24京極夏彦 『嗤う伊右衛門』幽霊のでない四谷怪談の恐怖

この京極流四谷怪談、時代設定はあの四谷怪談でありますが、明日の見えない現代の不安とそこで生きるもののこころの歪みをあな恐ろしく描写しています。

  • 日記風雑読書きなぐり
  • 2005/09/15 1:04 AM

「嗤う伊右衛門」京極夏彦

嗤う伊右衛門posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.17京極 夏彦 / 京極 夏彦〔著〕角川書店 (2001.11)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 映画を観るだいぶ前に読みました。 そのあと映画も観ました。原作に忠実な映画で、まあ

  • 本を読む女。改訂版
  • 2005/09/15 11:15 AM

嗤う伊右衛門(京極夏彦) 中央公論社(1997年)

久々の京極さんの本です。京極堂シリーズでないのは、「ルー・ガルー」と「どすこい」に続いて3冊目ですね。「どすこい」には、正直ついていけないものを感じたのでちょっと離れておりました。でも、こないだコメントをいただいた方のBlogでこの本が紹介されていて、す

  • ゆうきの読書日記&矯正日記
  • 2006/01/19 10:14 AM

京 極 夏 彦

神戸ファッションの先生の個展があったので、(in一休庵) ぷら〜っと見てきました。綺麗にテーマがまとまっててよかたです。 で、その後裏のビルの二階の本屋さんに行きました。 トンカ書店 ってとこなんですけど、いいよぉすんごく。 「ざっくばらんな古

  • Treat the junkie gently
  • 2006/04/02 11:59 PM

嗤う伊右衛門

有名な「四谷怪談」をベースに、人間心理の闇と怖さを主体にした物語に再構成したもの。京極氏特有の人間の心の襞をさぐる話になっており、「怖いのは妖怪や怪異談ではなく、人間の心そのもの」という主張が貫かれている。お岩と伊右衛門との"愛"も重要なテーマとなって

  • 本を読もう
  • 2007/05/26 10:40 AM

京極夏彦: 嗤う伊右衛門

【覚書】★★★★★★★★★☆ 第二十五回泉鏡花文学賞受賞作品。 伝奇や幻想話というのは好きであるが、怪談やホラーというのは苦手である。だから積極的に読む気がしない。映画などに至っては見る気すらない。...

  • 時代小説県歴史小説村
  • 2008/05/01 11:33 PM