2019/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「ハードボイルド・エッグ」荻原浩

ハードボイルド・エッグタイトル:ハードボイルド・エッグ
著者  :荻原浩
出版社 :双葉文庫
読書期間:2005/08/17 - 2005/08/19
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


フィリップ・マーロウに憧れ、マーロウのようにいつも他人より損をする道を選ぶことに決めた「私」と、ダイナマイト・ボディ(?)の秘書が巻き込まれた殺人事件。タフさと優しさを秘めたハードボイルド小説の傑作。
荻原本3冊目。「オロロ畑〜」「なかよし小鳩組」の流れを汲む"笑い"と"ほろり"に推理の要素が組み込まれた意欲作。推理にはあまり重きを置いていないようですが。

レイモンド・チャンドラー作のフィリップ・マーロウ扮する探偵シリーズをこよなく愛して探偵になった男が主人公。しかし探偵の仕事は皆無でもっぱらペットの迷子捜しが主な仕事。そんな現状を打破しようと探偵は秘書を雇う。電話の声音とダイナマイト・ボディの写真を使って採用されたのは、実は80過ぎの老婆だった。

最初の方は探偵の日常が淡々と展開。秘書を雇い、ある一匹のシベリアンハスキーを捜して欲しいという依頼をきっかけに物語は大きく動き始めます。ストーリーはそれほど突飛ではないのですが、探偵と老婆の掛け合い、脇を固める登場人物たち(ヤクザやホームレス)がみんな魅力的でどんどん引き込まれてきます。

ユーモア(アイロニー)と泣かせの部分が絶妙に組み合わさっていて、じんわり心に染み込んでくるというか胸を打つというか。どちらも大げさに書きすぎると興ざめなんだけど、その辺のバランス感覚は絶妙ですね。筆力を感じます。

とりあえず文庫化されたものから読み進めてますが、評価の高い単行本も早く読みたいところです。

+++++

【みなさまのご意見】
読んだモノの感想をわりとぶっきらぼうに語るBlogさん
本を読む女。改訂版さん
IN MY BOOKさん
辻斬り書評さん
本だけ読んで暮らせたらさん
+ChiekoaLibrary+さん('05/09/18追加)
たこの感想文さん('06/02/28追加)
yazlog.さん('06/06/26追加)


スポンサーサイト

  • 13:39
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

最初は、どうかなぁと思いながら読んでたんですけど、泣かされました…。ほんと、筆力ですね!それにしても引出しの多い作家さんです…。

■chiekoaさん
ほんと最初は淡々と進むだけでどうなるかと思ってたのですが、
途中からはどんどん面白くなっちゃって。すばらしい筆力です!
最新刊もおもしろそうなんだけどなぁ。
一気読みしたいところをこらえて、じっくり読み進めようと思ってます。

  • あおちゃん
  • 2005/09/18 2:08 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

「ハードボイルド・エッグ」荻原浩

ハードボイルド・エッグposted with 簡単リンクくん at 2005. 8. 8荻原 浩著双葉社 (2002.10)通常2??3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る いやあ、かなりつまらん。わはは。 つまらないんですけど私にはものすごくツボでした。大好きです

  • 本を読む女。改訂版
  • 2005/08/25 2:42 PM

ハードボイルド・エッグ (荻原浩)

チャンドラーが描く探偵に憧れる、冴えない探偵の冒険物語。サスペンスやミステリーの要素もありますが、基本的にはユーモラスでほのぼのとしたエンターテイメントだと思います。ユーモアたっぷりの語り口で、ラストにはちょっとした“ほろり”もあります。 わたしが

  • 読んだモノの感想をわりとぶっきらぼうに語るBlog
  • 2005/08/25 2:58 PM

「ハードボイルド・エッグ」

ハードボイルド・エッグ  荻原浩/著、 双葉文庫 マーロウに憧れを抱きながらも、現実は、逃げ出した動物の捜索8割、浮気調査2割のシガナイ探偵(便利屋)稼業の主人公。 そんな現状を打破し、本物の探偵に近づくには美人秘書が必要だ。秘書募集の張り

  • 本だけ読んで暮らせたら
  • 2005/08/25 4:17 PM

「ハードボイルド・エッグ」 萩原浩

ハードボイルド界の大御所レイモンド・チャンドラーが生み出した孤高のヒーロー、フィリップ・マーロウに憧れて探偵業を始めた主人公が、涙あり笑いありのドダバタ劇を演じるハードボイルド風コメディ。ハードボイルドファンにはたまら

  • 辻斬り書評 
  • 2005/08/25 4:50 PM

ハードボイルド・エッグ

ハードボイルド・エッグ荻原 浩双葉社 1999-10by G-Tools 主人公は、「人生で大事な事はみんなフィリップ・マーロウに教わった」という私立探偵の「私」。理想の自分と、現実の自分のスキマを埋めきれない、彼のハードボイルドは、すごくピントがずれていて、だから彼

  • IN MY BOOK by ゆうき
  • 2005/08/27 12:57 AM

ハードボイルド・エッグ [荻原浩]

ハードボイルド・エッグ荻原 浩 双葉社 1999-10 「探偵になるために生まれてきた」男にして「心はいつも探偵」な主人公。脱サラして探偵事務所を開くも、来る依頼は動物の捜索願いばかり。秘書を募集してみれば応募してきたのはとんでもないお婆さん。そんな彼の目の

  • + ChiekoaLibrary +
  • 2005/09/16 12:09 PM

(書評)ハードボイルド・エッグ

著者:荻原浩 ハードボイルド・エッグ フィリップ・マーロウに憧れ、彼のように振舞

  • たこの感想文
  • 2006/02/28 4:43 PM

荻原浩『ハードボイルド・エッグ』(1999)

一気に読める軽快な文章とユーモア・センス、どいつもこいつも個性的で魅力的な人物描写、それにホロリとした後に考えさせる「何か」を残すストーリー展開。おまけに主人公の年齢が自分に近いせいか、余計に感情移入してしまいました。

  • yazlog.
  • 2006/06/26 1:41 AM

荻原浩「ハードボイルドエッグ」

バーボンウィスキーのソーダ割り 氷りを3つ 仕上げにレモンを一滴 探偵になるために私は生まれてきた....  15の時に図書館でフィリップマーロウに出逢った最上俊平  探偵事務所を開いたが来るのは犬やネコからイグアナなどペットの捜索依頼ばかり  ハードボイ

  • 聞いてあげるよ君の話を
  • 2006/08/26 2:57 AM