2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「震度0」横山秀夫

震度0タイトル:震度0
著者  :横山秀夫
出版社 :朝日新聞社
読書期間:2005/07/24 - 2005/07/25
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


阪神大震災のさなか、700厠イ譴N県警本部の警務課長の不破義人が失踪した。県警の事情に精通し、人望も厚い不破がなぜ姿を消したのか? 本部長の椎野勝巳をはじめ、椎野と敵対するキャリア組の冬木警務部長、準キャリアの堀川警備部長、叩き上げの藤巻刑事部長など、県警幹部の利害と思惑が錯綜する。ホステス殺し、交通違反のもみ消し、四年前の選挙違反事件なども絡まり、解決の糸口がなかなか掴めない……。
出版作をすべて読了している数少ない作家さんの最新作ということで即日手にしました。しかも、久々の警察モノと言う事で期待せずにはいられません。

信頼の厚い刑務課長の失踪とそれによって巻き起こる県警本部での内紛。阪神大震災という大事が発生している中で、男達は己のプライドのため、出世への足がかりとするため心理戦を展開し、刑務課長の失踪を追います。それぞれ微妙に思惑が異り、自分だけの情報を得ようと動きまわる様は滑稽でもあり、でも失敗の許されない世界で生きてゆくプレッシャーも感じ取ることが出来ました。

ただ惜しいのは、殆んど全ての登場人物があまりに自分勝手なこと。まともと思える人間がほとんど登場しません。唯一堀川くらいでしょうかか。でも準キャリアとしての板ばさみにあっているようでもあり・・・。どの人も上司にしたくないと思わせる人物ばかりであって、感情移入しにくいところがつらい。あと、「半落ち」の焼き直し版のような印象も受けました(半落ちよりもずっとずっと面白いですが)。

もう一つ。なぜ阪神大震災は裏の舞台として持ってきたのか。警察の崩壊と再生を阪神大震災前後の神戸と重ねたかったのか。それにしては本文中の描写が少ないし、対比の妙を感じ取ることは出来ませんでした。2つの出来事の間で揺れる刑事としての矜持も感じられませんし、あまり意味がなかったような気もしています。

とは言っても最後まで楽しく読みきることは出来ました。次作はいつになるんだろうと早くも待ち遠しいです。警察版「クライマーズ・ハイ」のようなものを書いてくれないかなぁ。

+++++

【みなさまのご意見】
Gotaku*Logさん
粗製♪濫読さん('05/08/12追加)
活字中毒日記さん('05/08/12追加)
のほ本♪さん('05/08/12追加)
ch-1000 ver.2さん('05/08/19追加)
みてみ。さん('05/12/25追加)
理科教師のため息さん('06/01/14追加)
日記風雑読書きなぐりさん('06/01/14追加)
りょーちの駄文と書評さん('06/01/17追加)
本のことどもさん('06/01/17追加)
たいの身勝手書評さん('06/02/13追加)
たこの感想文さん('06/04/28追加)
粋な提案さん('06/07/21追加)
三匹の迷える羊たちさん('06/08/06追加)
みかんのReading Diary♪さん('06/09/06追加)higeruの大活字読書録さん('08/01/22追加)


スポンサーサイト

  • 14:14
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

あからさまに保身と出世欲だけの人物を描いていてそれはどの世界にもありうること。ただしそういうような人間とそうでない人間がいて葛藤があるからリアルな世界なのでしょう。わたしは警察もの『半落ち』にはそんなリアルさを感じました。私の知り合いに阪神大震災の被害者がいましたが、こういう扱いをされて不愉快だといっていました。
最後まで楽しく読めなったのにはそんなところもあるのではないでしょうか。

■よっちゃん
阪神大震災の扱いがあまりにも軽いのはとても不満でした。
話の本筋ではないとしても、書くからにはもうちょっと分厚く書いて欲しかったなぁと。
組織内部の嫌な面だけが目立っていたので、読後はあまりすっきりしませんでした。
評価が辛いのは、横山さんだからってもありますが。

  • あおちゃん
  • 2006/01/16 11:51 AM

あおちゃんさん、こんにちは。
さっそく伺いました。
警察組織小説ということで期待して読んでみましたが、
ドロドロの事態を収拾する人物も不在で、
今回だけ例外であってほしい・・・と思いました。

ブログリストに登録させていただきました。
相互リンクいただけると、うれしいです。

■藍色さん
本文はめちゃくちゃ辛口に書いていますが、結構楽しめましたよ。
読後感はあまりよくなかったですが。次はすっきりしたものを読みたいですね。
私のほうでもブログリストに登録させてもらいました。

  • あおちゃん
  • 2006/07/21 11:53 PM

 横山警察小説といえば短編集、という定説?に反して意欲的な長編作品だったと思います。

 でも、確かに『クライマーズ・ハイ』は良い。すごく良い。とりあえずはもうじき出る(らしい)『64』に期待です。

■higeruさん
おぉ、横山さんの新作が出るんですか!!
前作からずいぶん時間が空いていますよね。
十分に推敲を重ねたのでしょうか。期待大です。

  • あおちゃん
  • 2008/01/22 8:55 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

横山秀夫 『震度0』 警察小説の進化?退行ではないのか

県警本部のトップクラスがここまでノワールな人間の寄せ集まりではないだろう。だが、現に神奈川県警の不祥事もみ消しが頻発しているところ、道路公団の官製談合などを毎日聞かされるとやはり役人たちは腐敗しているのかなと。 大震災の朝、一人の県警幹部が失踪した。

  • 日記風雑読書きなぐり
  • 2005/08/03 1:15 AM

震度0(横山秀夫)

阪神大震災が起こった1月17日、N県警本部の警務課長の不破が失踪した。不破の失...

  • のほ本♪
  • 2005/08/12 8:00 PM

『震度0』 ドロドロの警察小説

著者:横山秀夫  書名:震度0 発行:朝日新聞社 内部抗争度:★★★★☆ 横山氏にしか書けない警察小説の最新刊。 阪神・淡路大地震が起きた日にN県警の警務課長が失踪した。以前の県議選とのからみか、それとも女性問題か。キャリアの本部長・警務部長、ノ

  • 粗製♪濫読
  • 2005/08/13 10:33 AM

『震度0』 横山秀夫 (朝日新聞社)

震度0横山 秀夫 / 朝日新聞社(2005/07/15)Amazonランキング:3,621位Amazonおすすめ度:失望警察内部の醜悪な人間模様はちょっともう…『第三の時効』のキレはない『半落ち』路線の本Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 警察小説というジャンルに

  • 活字中毒日記!
  • 2005/08/14 7:25 PM

『震度0』横山秀夫

横山秀夫さんの新刊、『震度0』読了。『ク...

  • ch-1000 ver.2
  • 2005/08/19 3:41 PM

震度0 読みたい本

横山秀夫「震度0」今度買って読もうと思っています。横山さんは元新聞記者で、現在も群馬在住の作家です。映画化された「半落ち」もこの方が原作を書きました。この「震度0」もいずれ映画化されるのかな〜?新聞広...

  • 皮の裏側 ブログ
  • 2005/09/17 5:02 PM

震度0

「震度0」 作者:横山 秀夫 おすすめ度:★★★★☆ 警察の内部のどろどろなところを、赤裸々にかいた話。 話の流れは、おもしろいけど、 登場人物が多く、場面もころころ変わって どの人がどのような役柄かわからなくってしまったときがあった。。。

  • みてみ。
  • 2005/12/24 5:14 PM

震度0

 「横山 秀夫」は結構好きな方である。なぜなら、読みやすいから。特に「半落ち」

  • 理科教師のため息
  • 2006/01/13 11:58 PM

横山秀夫:「震度0」

震度0posted with amazlet on 06.01.17横山 秀夫 朝日新聞社 (2005/07/15)売り上げランキング: 930Amazon.co.jp で詳細を見る りょーち的おすすめ度: こんにちは。エド山口です(嘘です)。 防災科学技術研究所 によると震度について自分のいる所がどれくらい揺れた

  • りょーちの駄文と書評
  • 2006/01/17 1:55 PM

◎「震度0」 横山秀夫 朝日新聞社 1890円 2005/7

震度0 横山 秀夫 / 朝日新聞社 スコア選択: ★★★★  昨年2004年の4月で、前の職場(鹿児島市)を辞め、単身で上京してきた評者なのだが、実は前の職場にいる間、二つの公職に就いていたことを先に報告しておこう。  50万を超える鹿児島市には

  • 「本のことども」by聖月
  • 2006/01/17 10:31 PM

「震度0」  横山秀夫

さすが横山秀夫、と脱帽せざるを得ない完成度である。 どうやったらこれほどのプロットを描けるのか。 一度頭のなかを覘いてみたい。 神戸で大震災発生。壊滅的な被害状況に戦々恐々となる中、被災地から700キロ離れたN県警警務課長の不破が失跡した。人望厚く

  • たいの身勝手書評
  • 2006/02/12 6:30 PM

(書評)震度0

著者:横山秀夫 1995年1月17日。関西地区が阪神大震災で揺れたその日、神戸か

  • たこの感想文
  • 2006/04/26 8:22 PM

震度0(ゼロ)、横山秀夫

装幀は井上則人。 「陰の季節」で松本清張賞、「動機」で日本推理作家協会賞短編部門賞を受賞。主な作品「半落ち」「クライマーズ・ハイ」「出口のない海」「ルパンの消息」など。 小説トリッパー2002年夏季号から冬期号、

  • 粋な提案
  • 2006/07/21 3:24 PM

読書感想「震度0」

読書感想「震度0」 震度0 【評価】★★

  • 三匹の迷える羊たち
  • 2006/07/27 10:18 AM

『震度0』 横山秀夫 朝日新聞社

震度0 阪神大震災のさなか、700km離れたN県警本部の警務課長の不破義人が失踪した。県警の事情に精通し、人望も厚い不破がなぜ姿を消したのか? 本部長の椎野勝巳をはじめ、椎野と敵対するキャリア組の冬木警務部長、準キャリアの堀川警備部長、叩き上げの藤巻刑

  • みかんのReading Diary♪
  • 2006/09/06 8:47 PM

【横山秀夫】震度0

 横山秀夫といえば警察小説だが、記憶違いでなければ中でも唯一の長編作品。青島刑事の名ゼリフを思い出す。「事件は現場で起きてるんじゃない。会議室で起きてるんだ!」 ん?逆だっけか。本書はそんな話なのである。 朝日新聞社 2005/7/30 第 1 刷発行  1995

  • higeruの大活字読書録
  • 2008/01/19 12:16 PM

横山秀夫『震度0』

震度0 (朝日文庫 よ 15-1) (朝日文庫)横山 秀夫朝日新聞出版このアイテムの詳細を見る 今回は、横山秀夫『震度0』を紹介します。阪神大震災の最中に、N県警警務課長の不破が姿を消した。その手がかりを得るための、6人の最高幹部たち各々の思惑と駆け引きがあって面白

  • itchy1976の日記
  • 2009/01/25 1:16 AM