2020/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「ぼっけえ、きょうてえ」岩井志麻子

ぼっけえ、きょうてえタイトル:ぼっけえ、きょうてえ
著者  :岩井志麻子
出版社 :角川ホラー文庫
読書期間:2005/07/05 - 2005/07/07
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


−教えたら旦那さんほんまに寝られんようになる。…この先ずっとな。時は明治。岡山の遊郭で醜い女郎が寝つかれぬ客にぽつり、ぽつりと語り始めた身の上話。残酷で孤独な彼女の人生には、ある秘密が隠されていた…。岡山地方の方言で「とても、怖い」という意の表題作ほか三篇。文学界に新境地を切り拓き、日本ホラー小説大賞、山本周五郎賞を受賞した怪奇文学の新古典。
表題作「ぼっけえ、きょうてえ」は第6回日本ホラー大賞、第13回山本周五郎賞受賞作品。その他3編が収録されている。

何が怖いってこの表紙。髪を纏め上げた女性がなんとなく笑っている。宮部みゆき「とり残されて」も怖かったがこれも怖い。まぁこちらはホラー文庫として売っているのでこれでよいかもしれないですが。タイトルもそうだし、表紙にもインパクトがあります。

さて、表題作について。岡山の遊郭で女郎が語るぼっけえきょう(恐)てえ寝物語。客に請われ「聞いたら寝られなくなる」と断りつつ話し始める。少女時代、岡山の山村で母親と暮らしていた。近代化が進みつつも、依然として古い因習が幅を利かせているこの村で母がしている仕事は、身ごもってしまった子供をおろすことであった。母娘ともども村八分にされ、孤独の中育つ。しかし寂しくなんかはない。なぜなら彼女の体には・・・。

女郎が語る言葉のみというシンプルな構成。しかし一方的に語っているのではなくどうも合間に客からの質問が入っているようで、それも女郎の言葉からわかるという仕組みである。この演出がなかなかに効果的。こちらから聞きたいことが絶妙な合いの手として入ってくる。恐怖の種類はというと、映画で見られるようないつ何かが飛び出してくるかわからず構えるような類ではなく(長い・・・)、なんだかよくわからない理解しがたいことに対する恐怖なのである。

もう一つ効果を挙げているのがやはり岡山弁。全く聞いたことがなかったのだけれど、なんだか独特の艶っぽさがありますね。最初は読み進めるのに苦労したけど、慣れてくるとあまり気にならなくなって、途中から適当に節をつけてすらすらと進むようになりました。方言って独特の味があって好きです。言ってる事がわからないのは困りますが・・・。

テレビで見た岩井さんには、正直あんまりいい感情を持っていなかったんだけど、書かれる文章はとてもきれいでちょっと見直しました。何事も試してみないとわからないものです。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 16:07
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

ほんとじわじわくる、まさに日本的な怖さですねぇ〜。TVに出てる姿には、いささかの不快感さえ覚えますが、この本だけは良かったです。
TB有り難うございました。

■alice-roomさん
こちらこそTBどうもです。
そうそう、日本的ですよね。"ホラー"ではなくって"怪談"っていうのが適切な感じ。
岩井さんの他の本はどうなんでしょう?読まれたことありますか?
ざっと内容紹介を読んだ限り、やはりというか恋愛がらみが多いようなのですが・・・。

  • あおちゃん
  • 2005/07/17 1:10 AM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

TB用再掲載○「ぼっけえ、きょうてえ」 岩井志麻子 角川書店 1,400円 1999/10

 第6回日本ホラー小説大賞受賞。この本の怖いところのひとつ。表紙が怖い。和装の女、結い上げた髪の横に櫛、屏風か何かの前に立ち、微笑を浮かべる。美人画なのだが、微笑は怖い。ベッドで横になって本を読みながら、眠くなったら、本の表紙は見えないようにして眠る

  • 「本のことども」by聖月
  • 2005/07/16 4:55 PM

「ぼっけえ、きょうてえ」岩井志麻子 角川書店

日本ホラー小説大賞、山本周五郎賞受賞作。私が一番信用しない賞達のタイトルが付いていてまず、避けて通るはずの本のなのですが(天邪鬼でして…)、ふと目にしてたまたま手にとって見ると、これが思わずいける。本自体は幾つかの短編が入っているのですが、このタイト

  • 叡智の禁書図書館
  • 2005/07/16 6:35 PM

ぼっけえ、きょうてえ

ぼっけえ、きょうてえ岩井 志麻子 第13回山本周五郎賞、第6回日本ホラー小説大賞を受賞作。 表題作ほか三篇収録。 小説「涼宮ハルヒ」シリーズに熱入れちゃってて 普通の小説が全然読めてません…(;・∀・) どんどん本が積み重なる一方…www そんな中

  • きょうのできごと…。
  • 2007/03/14 1:49 PM