2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「占星術殺人事件」島田荘司

占星術殺人事件タイトル:占星術殺人事件
著者  :島田荘司
出版社 :集英社文庫
読書期間:2005/06/16 - 2005/06/21
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]


怪事件は、ひとりの画家の遺書から始まった。その内容は、6人の処女から肉体各部をとり、星座に合わせて新しい人体を合成する、というもの。画家は密室で殺された。そして1カ月後には、6人の若い女性が行方不明のあげくバラバラ死体となって…。奇想天外の構想、トリックで名探偵御手洗潔をデビューさせた、衝撃的傑作。
著者デビュー作、そして今後続く「御手洗シリーズ」第一作。著者はミステリ界に多大な影響を与えた方らしいのだが、恥ずかしながらこれが初読である。

本書の初版は1981年というから今から24年前。作品中の時代も古く文体から時代の空気というか重たい印象を受けたのだが、同時に何か古典芸能を見ているような凛とした気品と強さも感じた。

最初、専門的というか理解しにくい話が延々語り続けられ読みにくさを感じたが、そこを乗り切ると探偵の登場で一気に話は盛り上がる。理不尽な探偵(=御手洗)とそれに振り回される助手役(=石岡)。これだと京極夏彦「京極堂シリーズ」の京極堂と関口のような図式だが、京極堂と違い御手洗が少し頼りなさげなところに御手洗に対する好感が沸いてくる。

トリックは斬新で衝撃的だ。このネタを使った某マンガを読んでいたのにしっかりと騙された。解く手がかりはまさに「ピン1本」。これを外せばパタパタっと収まるべきものが収まるべき場所に落ち着く。

謎が大きい割に種はシンプルというのが好感が持てる。この点は著者の技量によるところが大きい。数冊読んで「異邦の騎士」というのがいいと教えていただいたので、そのコース通り進んでみたい。

※この本をオススメいただいた春日さんリサさんざれこさん小麦さんに感謝。

【関連ページ】

+++++

【みなさまのご意見】
Honey Vanityさん
ひなたでゆるりさん
風のまにまに号さん
本のことどもさん('05/06/28追加)ミステリーマニアさん('06/11/23追加)


スポンサーサイト

  • 18:59
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment

こんばんは!
おおーついに読まれたのですね。感想お待ちしていました。
確かにどっしりとした印象ですね。それを御手洗が和らげているとも
言えるかもしれません。『異邦の騎士』は刊行順にいくと
「占星術」→「斜め屋敷」→「挨拶」→「異邦の騎士」。
私は「占星術」→「斜め屋敷」の次に読みました。
御手洗シリーズは途中で止まっているのでそろそろ再開
しようかと思っていますー。

こんばんは。
私、御手洗シリーズ大好きなんです。
「異邦の騎士」が最初だったんですが、即効で御手洗ファンになりました♪
私からも「異邦の騎士」オススメします。
「斜め屋敷の犯罪」や「御手洗潔の挨拶」なども面白いですよ。

  • EKKO
  • 2005/06/27 9:44 PM

こんばんは<(_ _)>
読了されたのですね〜。TB有り難うございました。
あの御手洗さんの頼りなさがあったればこそ、
このシリーズが光って来るのでしょうね。
「異邦の騎士」に辿り着くまでの道順としては
やはり刊行順が良いのではないかと思います。
「異邦の騎士」は読む順によってかなり変わってきますので。
まだ完全版を手に入れていないので、そろそろ欲しいかな。
何度読んでも新しい魅力が出て来る本ですよw

■リサさん
オススメどうもでした。
読み進めるのに結構時間がかかりました・・・。長々と語られる部分が多少重たいんですよね。でも大切な部分だから、端折れないでしょうね。京都に行ってさらにあっちこっちへ、って部分は冗長っぽいから、こちらは多少軽く出来そうかなぁと思いました。
シリーズ本、たくさんありますね。ゆっくり読み進めます。

  • あおちゃん
  • 2005/06/28 11:57 AM

■EKKOさん
おぉ、EKKOさんもファンでしたか。
「異邦の騎士」、みんなオススメって言ってますね。
期待が高まります!

  • あおちゃん
  • 2005/06/28 11:59 AM

■春日さん
オススメどうもでした。m(_ _)m
読む順は刊行順が良いですか。メモメモφ(。。)
読む順を教えていただけるのは非常にありがたいです。前作を匂わすような描写があるとき、読んでるのと読んでないのとでは楽しみ方も変わりますしね。じゃ、2度読めば楽しめるかと言うと、私、実はあまり再読しないタイプなんです・・・。
積読本が増えてるから購入を控えてるけど、オススメしてもらうと入手してしまいそう・・・。

  • あおちゃん
  • 2005/06/28 12:06 PM

遅ればせながら。読まれたんですね。
「異邦の騎士」への私のコメントが物議を醸しているようで(笑)
皆様の言うとおりに刊行順でよいかと思います。と言いつつ私は「挨拶」はまだ未読・・。
あとお薦めは、シリーズ後半?になるかな、「龍臥亭事件(上下)」。
御手洗は海外にいて石岡くんが事件を解決するものです。『津山三十人殺し』がモチーフで、島田氏のもう一つの「吉敷武史シリーズ」とも絡んでいます。重厚でなかなか読み応えありました。
と、そんなことを書いていたら私もまたシリーズ読みたくなってきました。まだ全部制覇してないし・・でも分厚い本が多いしなあ・・でもがんばります(笑)
長々とごめんなさい。

■ざれこさん
長いコメント大歓迎。
そうそう、ざれこさんの一言から読書順の話になってますよ。
刊行順に読むってことで結論が出ました。
それにしても御手洗シリーズ、そしてそれ以外にもたくさん本を出してますね。
一冊一冊読み応えありそうなんで、気力がみなぎってる時に読もうと思います。

  • あおちゃん
  • 2005/06/29 9:36 PM

あおちゃんさんはじめまして。
御手洗フリークのアトマツと申します。
TBさせて頂きました。

『アナタのミタライアン☆チェック』
もしよかったら、試してみませんか?

■アトマツさん
はじめまして。
御手洗ビギナーですが、チェックを試してみます。
もしたくさん該当したらよろこんでいいのでしょうか・・・。

  • あおちゃん
  • 2005/09/29 6:08 PM








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

『占星術殺人事件』島田荘司

占星術殺人事件島田荘司講談社文庫1987-07by G-Tools 怪事件は、ひとりの画家の遺書から始まった。その内容は、6人の処女から肉体各部をとり、星座に合わせて新しい人体を合成する、というもの。画家は密室で殺された。そして1カ月後には、6人の若い女性が行方不明のあ

  • ひなたでゆるり
  • 2005/06/27 10:36 PM

「ああ、そんなのは簡単だ!」

占星術殺人事件posted with amazlet at 05.06.05島田 荘司 講談社 (1987/07) 売り上げランキング: 8,117 通常24時間以内に発送 Amazon.co.jp で詳細を見る春日が人生で初めて読んだミステリ小説。 島田荘司先生のデビュー作であり、 名探偵御手洗潔のデビュー作

  • Honey Vanity
  • 2005/06/28 1:06 AM

再掲 島田荘司No1 ▲「占星術殺人事件」 島田荘司

本書『占星術殺人事件』は、島田荘司が書いた初めての小説である、というのはウソで、初めて世に出した小説である。じゃあ、初めて書いた小説はというと、既読紹介済みの『異邦の騎士』である。評者が読んだ『異邦の騎士 改訂完全版』講談社文庫の後書きに、作者自らが

  • 「本のことども」by聖月
  • 2005/06/28 7:16 AM

島田荘司のことども

  ▲ 『占星術殺人事件』   ○ 『斜め屋敷の犯罪』   ▲ 『寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁』   ▲ 『御手洗潔の挨拶』   ◎ 『異邦の騎士』 今考えると読み物として深い   △ 『奇想、天を動かす』   △ 『水晶のピラミッド』   ◎ 『魔神の遊

  • 「本のことども」by聖月
  • 2005/06/28 7:16 AM

「占星術殺人事件」他、御手洗潔シリーズ 島田荘司

(非公認)読者大賞blogの探偵ベストで とうとう御手洗潔がエントリされました。 (っていうかしていただきました。アトマツさん ありがとうございます) サイトの方に上げていた御手洗シリーズの感想を移してきました。 ちょっとずつしか感想書いてないので、何

  • 本を読む女。改訂版
  • 2005/09/22 6:40 PM

島田荘司『占星術殺人事件』(非公認)読者大賞blog〜私の好きな探偵ベスト

時々オジャマさせてもらっている、ざれこさんとこの(非公認)読者大賞blogの企画に参加。 唐突ですが、みなさんに質問です。 ↓の項目に、みなさんは幾つ該当しますか? 【アナ

  • アトノマツリ【after_you-festa】 〜アトマツ家のミステリな読書日記
  • 2005/09/28 5:12 PM

占星術殺人事件

星座に従い、六人の処女の肉体から必要な各部をとり、完成美をもつ「女」を合成する、という無気味な遺言状。そして一カ月後、六人の女性が行方不明となり、日本各地からバラバラ死体で発見。奇想天外な構想と猟奇殺人の真相。名探偵・御手洗潔デビュー作にして、平成「

  • ミステリーマニア
  • 2006/11/23 12:17 PM

占星術殺人事件

 チープな感じのイラストがちょっと気になる「占星術殺人事件」(島田荘司:講談社)。文庫版の初版は1987年となっているが、発表されたのは、1981年で、文庫版の後ろの方にある解説によれば「伝説的な作品」と称されているらしい。実は、うちの子が買っていた(まだ読

  • 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
  • 2010/11/11 8:28 PM