2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「出口のない海」横山秀夫

出口のない海タイトル:出口のない海
著者  :横山秀夫
出版社 :講談社
読書期間:2004/11/29 - 2004/11/30
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 ]

+++++

甲子園の優勝投手、並木浩二は、大学入学後、腕の故障を克服すべく、"魔球"の完成にすべてをかけていた。しかし、時代は並木の夢を、大きな黒いうねりの中にのみこんで、翻弄する…。愛する人や家族に別れを告げ、運命を託す"回天"特攻隊。そこで並木を待ちうけていたのは、真っ暗な"出口のない海"だった…。

+++++

「半落ち」から始まった「横山秀夫強化月間」もとうとうラストとなりました。目標通り、11月中に横山さん全巻制覇が出来ました(感想を書くのが遅れましたが)。いやー、よくここまでたどり着いたと感慨深いものがあります。ラストを飾るのは今年8月に刊行された最新作「出口のない海」。これまでの作品とは一線を画し、"戦争"をテーマにあつかっていると聞いて「なぜ?」と思いましたが、'96年にマガジン・ノベルス・ドキュメントから発表された同名作を全面改稿した物と聞いて納得。

横山さんの書く戦争モノということで、戦争の悲惨さや暗さが詳細に書かれていると構えて読み始めましたが、戦争に運命を翻弄される人間の内面を描くことに主眼が置かれ、戦争の描写はそれほどでもなかったので、さくさくと読み進めることが出きました。

いつもながら心の葛藤など心理描写が巧みです。明日という日が来るのは当たり前として生きてきた人間に突きつけられた「死」の宣告。並木は生きることの意味と死ぬことの意味を必死に探し、もがき苦しむ。寄せては返す感情の波。そして、とうとう"回天"へ搭乗。並木が"回天"に乗り込んだときは自分がその場にいるかのような感覚を味わいました。

"回天"についてほとんど知識はありませんでした。"神風特攻隊"のほうが世間にも認知されていると思います。並木の出した死ぬことの意味「俺はな、回天を伝えるために死のうと思う」。「回天を世に伝えること」、これは横山さんが本作で一番伝えたかったことと思います。そして、本書を読み終えて、私は"回天"のこと、"回天"に乗って亡くなられた方のことを忘れないだろうと思います。

淡々と進む物語なのに、考えさせられることはとても多い本でした。

+++++

【みなさまのご意見】


スポンサーサイト

  • 13:17
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

◎◎「出口のない海」 横山秀夫 講談社 1785円 2004/8

 横山秀夫の作品を読んで初めて涙した。主人公は大学野球の投手。甲子園で活躍した選手であったのだが、肘をこわし、再起をかけて、未だかつて誰も投げたことのないような魔球を投げることを夢見、そしてそれに挑む。そんな彼が、なぜ特攻魚雷「回天」に乗り込んで散っ

  • 「本のことども」by聖月
  • 2004/12/09 4:27 PM

「出口のない海」

  <bk1> 友人へ、恋人へ、家族へ伝えたいこと。泣き言。感動。希望。未来へ...

  • moji茶図書館
  • 2004/12/09 6:08 PM

横山秀夫「出口のない海」を読んで

{/book/} この本を書いた横山さんは「半落ち」で ブレイクした方です。 この作品は元々8年位前に書いた作品なので いつもの警察組織うんぬんは出てきません。  第2次世界大戦で戦禍に巻き込まれた一人の青年を軸とした話です。 自分の好きな心情描写が多いのですが、

  • これが私の生きる道
  • 2004/12/09 7:55 PM

死と隣り合わせの日常

やっとこさ、横山秀夫『出口のない海』(講談社)[Amazon]を読了。 やっとこさ、とは書いたけれど、これは作品が悪いんじゃなくて、わたしの体調とか状況が、読書体制になかったせいです。 今回は、これまでの作品とはちょっと設定からして違っていて、「人間兵器

  • 七つ道具
  • 2004/12/10 12:06 AM

横山秀夫 『出口のない海』

出口のない海 横山 秀夫 戦争、特攻、横山秀夫と来て泣けないはずがないです。 戦争に疑問を持ち、ほとんど勢いで回天搭乗員に志願してしまった並木が、自分の死の意味を語る場面がなんとも言えません。 この部分がこの小説の全てだったのかなと感じます。 そ

  • 本を読むって楽しい
  • 2004/12/10 1:10 PM

人間魚雷 回天儀拭 幣西製作所)

最初のその他のコレクションは、人間魚雷  回天儀 を紹介したいと思います。 この季節、満開の桜 の花をただ見て、酔っ払いクダをまくのではなく。 日本の将来のために青春を捨て、日本のために亡くなっていった諸先輩達 を、これからは多くの方々に想いだ

  • ミニチュア・コレクション
  • 2005/05/14 9:50 PM

「出口のない海」横山秀夫

出口のない海posted with 簡単リンクくん at 2005.10. 7横山 秀夫著講談社 (2004.8)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る これ読む前に荻原浩氏の「僕たちの戦争」を読んでいて、 「出口のない海」でも同じようなテーマを扱っている

  • 本を読む女。改訂版
  • 2005/10/07 3:02 PM

人間魚雷 回天?型 (小西製作所)

最初のその他のコレクションは、人間魚雷  回天?型 を紹介したいと思います。 この季節、満開の桜 の花をただ見て、酔っ払いクダをまくのではなく。 日本の将来のために青春を捨て、日本のために亡くなっていった諸先輩達 を、これからは多くの方々に想

  • ミニチュア・コレクション
  • 2005/10/17 3:37 PM

(書評)出口のない海

著者:横山秀夫 「回天」。発射と共に搭乗者の死を意味する人間魚雷。第2次大戦末期

  • たこの感想文
  • 2006/07/29 9:01 AM

読書日記 『出口のない海』

出口のない海 横山 秀夫  人間魚雷「回天」。そんな兵器があるということは知らなかった。簡単に言うと、人間が魚雷の中に入り込み、操縦することで目標とした敵艦を撃破するための兵器である。むろん、操縦する者は助かることはなく、海の神風特攻隊とでも言え

  • やすのぼやき
  • 2006/08/14 10:30 PM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2015/08/18 9:40 PM