2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「真相」横山秀夫

真相タイトル:真相
著者  :横山秀夫
出版社 :双葉社
読書期間:2004/11/05 - 2004/11/08
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 ]


以前のエントリで「今回購入したのは短編ばかりですべて警察モノ」というようなことを書きましたが、少し違っていました。本作品は、警察内部を描くのではなく、過去におきた殺人事件の関係者を描いた5編から成る短編集となっています。

+++++

真相
自慢の息子を殺されて10年、ようやく犯人が捕まった。未だ現実として受け入れることが出来ない。そんな中、犯人の口から殺人事件の「真相」が語られる。

18番ホール
全てを捨て村長選挙に出馬することになった樫村には、どうしても勝たなければならない理由があった。楽勝ムードが一変、劣勢の報を聞いた樫村は、疑心暗鬼からある行動に出るが・・・。

不眠
勤めていた会社でリストラとなり、新薬の人体実験のアルバイトをする山室。実験のせいで不眠となった山室が早朝に目撃したのは、同じ団地に住む男の車だった。

花輪の海
大学時代の空手部合宿は、"死の合宿"となってしまった。12年ぶりに再会した同級生達により、真実が語られる。

他人の家
「養子にならないか」行き所の無い元犯罪者に差し伸べられた救いの手。断る理由が見当たらない。しかし、その裏には隠された秘密が・・・。

+++++

今回の5編、どれも暗くて重い内容。主人公たちが後ろめたい過去を持っていること、最後に救いが見られないことが要因ですね。ただ、それぞれに考えさせられることが多いです。表題作「真相」では「被害者及び犯罪者の人権」、「不眠」では「リストラ」がテーマと成っており、まさに現実社会で考えねばならない問題ですね。

どれもこれも目の前に情景が浮かび上がってくるほどのリアリティ。テンポよく畳み掛けてくるような文章が、読者の緊張感も高めていきます。「半落ち」から最新作「出口のない海」まで数ヶ月毎にコンスタントに作品を出し続けている横山さん、外れが全くないのは驚異的です。でも、次はもっと明るい作品が読みたいなぁ。

横山秀夫強化月間も中盤に差し掛かりました。今月中に全作品を読了する予定ですが、んー、間に合わないかも。残りはあと5冊。

【みなさまのご意見】
deepsixさん
tomamemoさん
酒とBlogの日々さん
三匹の迷える羊たちさん('06/01/23追加)
たりぃの読書三昧な日々さん('06/07/25追加)
たこの感想文さん('06/10/26追加)
りょーちの駄文と書評さん('06/12/02追加)
脳内TraPさん('07/01/14追加)


スポンサーサイト

  • 02:55
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


related search by amazon
comment








preview on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

trackback

読書感想「真相」

読書感想「真相」 真相 【評価】★★★★

  • 三匹の迷える羊たち
  • 2006/01/23 12:13 AM

「真相」(横山秀夫著)

 今回は 「真相」 横山 秀夫著 です。この本は5編の短編を収録した短編集ですね。

  • たりぃの読書三昧な日々
  • 2006/07/24 9:50 PM

(書評)真相

著者:横山秀夫 真相価格:¥ 630(税込)発売日:2006-10 全5編を収録

  • たこの感想文
  • 2006/10/26 12:27 PM

横山秀夫:「真相」

真相posted with amazlet on 06.11.30横山 秀夫 双葉社 売り上げランキング: 1110Amazon.co.jp で詳細を見るりょーち的おすすめ度: こんにちは、芹沢名人です(嘘です)。 横山秀夫の名作短編集「真相」を読んでみた。最近文庫化されたっぽいが、既に保有しているハ

  • りょーちの駄文と書評
  • 2006/11/30 3:39 PM

真相 - 横山秀夫

横山秀夫という人は警察を題材としたものが有名だという著者らしいですね。この本「真相」を読んでから知りました。

  • 脳内TraP
  • 2007/01/12 11:43 AM