2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


「プリズンホテル 春」浅田次郎

プリズンホテル 春タイトル:プリズンホテル 春
著者  :浅田次郎
出版社 :集英社
読書期間:2007/12/12 - 2007/12/16
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


義母の富江は心の底から喜んだ。孝之介が文壇最高の権威「日本文芸大賞」の候補になったというのだ。これでもう思い残すことはない…。忽然と姿を消した富江。その行方を気に病みながらも、孝之介たちは選考結果を待つべく「プリズンホテル」へ。果たして結果はいかに?懲役五十二年の老博徒や演劇母娘など、珍客揃いの温泉宿で、またしても巻き起こる大騒動。笑って泣ける感動の大団円。

シリーズ完結作。文学賞の最高権威「日本文芸大賞」候補にあがったのを機に姿を消した義母。その行方を気にしながら「プリズンホテル」で結果を待つが・・・。

義母に対して母とは思わない言動や暴力を振るっていた小説家・木戸孝之介ですが、実際いなくなられてその存在の大きさを知ることとなります。自分を本当に愛していたのは誰か。前作で愛されることを知ることで愛することを知った孝之介が、ようやく義母に愛情を向けようとしたところだったのにいなくなるなんて・・・。賞の行方も気になりましたが、義母はどうしているのかの方がより気になりました。

メインの話に絡む半世紀の懲役明けの博徒の話や演劇に情熱を燃やす母娘の話は、メインの話に押されて少々かすんでいたような気がします。特にチンチロリン(=サイコロ博打)の話は長すぎて少々間延びしてました。もう少しメインの話に絞って展開していたら、ラストで涙が流れたかも。

ただ、滑稽な中に人間味あふれる人々が行き交う話は読んでいてとても楽しかったです。実は著書の作品は初読みでした。初期の作品といってもよいこの本で既にこの完成度はすごいなと思います。「全作品制覇しよう」とまで思うには至りませんでしたが、話題になった本には手を伸ばしてみようと思います。


「プリズンホテル 冬」浅田次郎

プリズンホテル 冬タイトル:プリズンホテル 冬
著者  :浅田次郎
出版社 :集英社
読書期間:2007/12/10 - 2007/12/12
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


阿部看護婦長、またの名を“血まみれのマリア”は心に決めた。温泉に行こう。雪に埋もれた山奥の一軒宿がいい…。大都会の野戦病院=救命救急センターをあとに、彼女がめざしたのは―なんと我らが「プリズンホテル」。真冬の温泉宿につどうのは、いずれも事情ありのお客人。天才登山家、患者を安楽死させた医師、リストラ寸前の編集者。命への慈しみに満ちた、癒しの宿に今夜も雪が降りつもる。

シリーズ第三弾。登場するのは、救急センターで人の命を救い続ける看護婦、患者を安楽死させた医師、冬山に挑み続ける登山家、いじめに悩む小学生。

雪に埋もれたプリズンホテルを訪れたお客様は、各者各様に生と死を見つめています。なぜ人を救うのか。生きる権利に死ぬ権利。重たい話題ですが、著者にかかればさらりと読ませてもらえます。

幾多の修羅場を潜り抜けてきたヤクザの親分でさえ自分の死の影に怯えているのに、それに引き換え小説家の愛人・清子は母や娘が助かれば自分の命などよろこんで差し出すという無償の愛をみせます。愛に飢えている小説家は、その姿を見て自分の気持ちに素直になって・・・。

シリーズも三作目ともなればマンネリ化は否めないはずなのに、毎回新鮮に楽しませてもらっています。いよいよ次作で完結。大団円の"春"を迎えられるでしょうか。

【関連作品】


「プリズンホテル 秋」浅田次郎

プリズンホテル 秋タイトル:プリズンホテル 秋
著者  :浅田次郎
出版社 :集英社
読書期間:2007/12/05 - 2007/12/10
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


花沢支配人は青ざめた。なんの因果か、今宵、我らが「プリズンホテル」へ投宿するのは、おなじみ任侠大曽根一家御一行様と警視庁青山警察署の酒グセ最悪の慰安旅行団御一行様。そして、いわくありげな旅まわりの元アイドル歌手とその愛人。これは何が起きてもおかしくない…。仲蔵親分の秘めた恋物語も明かされる一泊二日の大騒動。愛憎ぶつかる温泉宿の夜は笑えて、泣けて、眠れない。

シリーズ第二弾。「プリズンホテル」にヤクザと警察が投宿して大騒動が起こります。

前作以上にどたばたした内容。金に糸目をつけないヤクザと一泊食事付き一万円の貧乏旅行の警察。差がないサービスを心がけるホテルマンたちですが、どうしても食事には差がついてしまいます。とうとう夕食で両者が対面してしまい・・・。このどたばたは笑いの部分。結局ヤクザも警察も裸になってしまえば同じ人間なんだよね・・・。

そして、泣きの部分は旅回りの元アイドルとそのマネージャーの人生模様。そして、小説家が囲っている愛人の娘です。「プリズンホテル」の温泉は、硬く凝り固まった心を解きほぐす成分が含まれているようです。たった一泊ですがみんな憑き物をすっかり落として帰っていきます。

一方捻くれた小説家は、自分の中にある父性を若干意識した始めたような気がします。ただ、暴力や言動は相変わらず。何もかもを許すことは出来るのでしょうか。

【関連作品】


「プリズンホテル 夏」浅田次郎

プリズンホテル 夏タイトル:プリズンホテル 夏
著者  :浅田次郎
出版社 :集英社
読書期間:2007/12/04
お勧め度:★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス | Book off ]


極道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介は驚いた。たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵が温泉リゾートホテルのオーナーになったというのだ。招待されたそのホテルはなんと任侠団体専用。人はそれを「プリズンホテル」と呼ぶ―。熱血ホテルマン、天才シェフ、心中志願の一家…不思議な宿につどう奇妙な人々がくりひろげる、笑いと涙のスペシャル・ツアーへようこそ。

ヤクザ専用のホテル・奥湯元あじさいホテル、通称「プリズンホテル」を舞台として人間ドラマ。

捻じれた小説家とそれを取り巻く親類縁者の話が中心ですが、「プリズンホテル」に集う訳ありの人々の話が平行に展開してゆき、ページをめくる手が止まりません。誠実だが不遇のホテルマン、名門ホテルを追われた天才シェフ、小説家の叔父でホテルオーナーのヤクザの親分とその子分などなどホテル側の人々が非常に個性的で魅力的です。

ロビーにはその筋の人が気に入る贅を凝らした調度品が並びます。読む限り全くコンセプトのない場末のホテルの様相を呈していますが、訪れた客はなぜか落ち着いてくつろぐことが出来る不思議なホテルです。離婚を決意していた夫婦はみんなと交わるうちに離婚を取りやめ、一家心中をするつもりの家族は温かい料理に生きる希望を見出します。

ただ、捻くれた小説家が改心するまでにはもうしばらくかかりそうです。残り三冊で生まれ変わるのでしょうか。楽しみです。

【関連作品】